スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちは演劇をやっている。


数日前からスタジオ入りして稽古を進めている。
とても良い空間で凄く気に入っている。
稽古内容も段々と骨格が出来てきた。

生意気な言い方をすれば、彼らたちが何の目的を持って、自分のやっている事が何なのか、それが具体的に見えてきたので、俺は良い結果しかイメージが湧かない。

でも、まだまだ。

今日、稽古中に地震があった。
千葉で震度5強。

稽古は一旦中断して、また再開した。

今回の作品はチラシを見てもらったらわかるように、あの日が題材になっている。でも、あの日を直接的に描いてはいない。そして今も尚、色々な現実問題が軋めく中、その軋む音に苦しんでいる人がたくさんいるにも関わらず、俺たちは演劇をやっている。

理由は、演劇とは、その軋んだ世の中と対峙する行動だと思っているからだ。
そして、過去、現在、未来を再生する行動だとも。

演劇は俺にたくさんの事を教えてくれた。
大勢の人たちとの出会いも与えてくれた。
だから俺にとっては意味深い。

今、何を再生しなければいけないのか?
今、世の中の何と対峙しなければならないのか?
一年前のあの日から更に強く思うようになった気持ちが今回の作品となった。

それが俺の行動だ。

明確な答えはないのかもしれない。
あるのは気の遠くなるような現実問題ばかりなのかもしれない。

その心境が、素直な気持ち。
だから、演劇をやりたいと思う。



今、俺が精一杯に演劇が出来るのは、色々な人達の支えがあってだと、
今更ながら痛感している。
人がいるのだ。
人の存在。
それは凄く尊い。

俺も誰かの尊い人でありたい。

『愛、あるいは哀、それは相。』是非、観に来て下さい。

幾つか生みだしてきた作品の中で、
最もアイデンティティーを感じて頂ける作品です。

書いた俺が言うのだから間違いないのです。



稽古場での一枚。
コピー ~ P1020259
みんな、満面の笑顔でしょ?
これはね、俺の一言が、みんなを笑顔にしたんです。
何を言ったかは、劇場に来た時、俺か出演者に聞いてみて下さい。
多分、聞いたら笑顔になれますよ。

さて、日付も変わり、今日も稽古。
今日は協賛してくれている小林農産から頂いたお米をタイマーでセットしてきたので
明日はスタジオでそのお米を頂きます!

所謂、炊き出しってやつです!
楽しみです。

小林農産のヒデさん、ありがとうございます!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。