スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の好きな書き方。

それは言葉が生まれてくるようなシーン。
台詞では、それほど言葉にせずに、書かれた台詞から俳優が想像して、生まれてくる台詞、そんな瞬間があるシーン。

その生まれてくる台詞は決して声にするという物理にはしない。
その代わり、行動という物理にする。
そんなシーンを書くことを好んで書いている。

人間は言葉を覚えた。
そして言葉を巧に、人を欺く事を覚えた。
それは現代社会でも。

でも、心に芽生える言葉に嘘はない。
言葉にする必要もないし、芽生えた心を言葉にする必要もない。

それが本当の心だと思っている。
心っていうと、なんだか漠然としちゃうけど。
でも、そーゆーのが俺は好き。
言葉を列挙するのではなく、心を行動にするってこと。


スポンサーサイト

どんな大人でも子どもの頃があった。


二日間に渡ってのオーデションが終わりました。
いや、ホント良い出会いがあり、ご応募して下さった皆様、本当にありうがとうございました。

DSC_0089.jpg
画像はオーデション時に行った腕相撲大会です。
優勝したのは、俺でした。
はっはっはっは。

合否の発表はもう少しお時間下さい。

8月公演が終わったら、ハンバーグでの活動は来年になるから、
かなり気合入っています。

再演の改稿と新作の執筆を同時進行で進めています。

俺、がんばれ!
みんな、俺を応援してくれ!
なるべくなら黄色い声援がいいね、うん。



積み重ねる温度。



中学生の頃、長距離走が早くなりたかったから、約10キロの距離を走っていた。

同じ頃、短距離も早くなりたかったから、10キロ走った後に、夜の公園で一人、全力ダッシュを50メール10本走っていた。

その後に、大好きだったサッカーも上手くなりたかったので、一人でリフティングやトラップ、壁パスなどの練習をしていた。

気が付けば、そこそこ早くなっていたし上手くもなっていたけど、名門校のサッカー部には俺レベルがザラにいた。



宝者

千秋楽を無事に迎え、沢山の方々に観て頂き、
俺は、今回の作品を書いて良かったのだと、改めて実感した。

ご来場下さいました皆様、
本当にありがとうございました。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。