スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントに。



今日は朝から千葉県の館山市に行った。

目的はアンナバレエスタジオの発表会だ。

一番幼くて4歳の子どもから東京バレエ団にも在籍していた男性ダンサーの踊りまで、幅広く楽しませて頂いた。

コンテンポラリーでは春田さんが一人で踊り、その踊る曲が、いつもTOKYOハンバーグで音源を作曲してくれている清見君なのだ。

春田さんの舞踊、清見君の音源、その時だけ何だか時間が止まってしまったかのような錯覚に陥った。

3時間かけて館山まで行って良かった!あの感覚が自分の作品で何かのヒントになるかは解らないけど、これから生きてゆく過程でのエネルギーになると思った。



本番を終えた人、まもなく本番を迎える人、今まさに本番中の人、色々な人が本当に頑張っている姿をみると、悔しいと思ったり嬉しいと思ったり、まだまだ卑しい自分を痛感して自分が嫌いになってしまいそうだけど、それでも本気になってやっている人の眼差しを見ると、自分も頑張ろうと励みになる。

色々な葛藤を抱えて苦しんだりもするんだけど、でも、自分にはやりたい事が具体的にあって、会いたい人が明確にいて、それらはすべて苦しくなかったら漠然としてたり、抽象的だったりするのかもしれない。


俺に演劇を教えてくれた師匠は伊藤道郎という舞踊家の甥っ子で、研究生だった頃に、よく伊藤道郎先生の話をしてくれた。

伊藤道郎先生は自分の弟子たちにこんな事を言ったそうだ。

【舞踊家になる前に人間になれ】

そして俺の師匠もよく言ってた。

【俳優になる前に人間になれ】と。


今日行ったバレエ発表会の振付や講師をやっている春田さんのお父さんが伊藤道郎先生のお弟子さんだったということを当日パンフレットで知った。

伊藤道郎先生の門下生たちが結成したミチオイトウ同門会というのがあり、結成40周年を迎えた2005年の公演に、伊藤道郎の伝説的作品『鷹の井戸』に、実は俺、出演させて頂いた。

色々な記憶を手繰り寄せながら、さっき帰ってきました。

何をやるにしろ【人間になれ】という本質は忘れちゃいけない。

素直でありたいものです、ホントに。


TOKYOハンバーグ公式サイト<div class=
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。