スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月15日よりチケット発売です。


一昨日は『KUDAN』の初読み稽古。

配役を伝える前に役をシャッフルして読んでもらったんだけどベテラン勢が凄い。
若手たちよ、オジサンたちに負けるな!




TOKYOハンバーグProduce Vol,15

KUDAN
~この地球(ほし)の汚れた片隅で生まれた命~

作・演出/大西弘記
ウエストエンドスタジオ
2013年12月11日(水)~16日(月)全10ステージ


KUDAN 表 KUDAN 裏




被爆した牛たちは逃げた。何も知らない、わからない。
ただ、彼らの本能が人間たちから逃げることを選び、辿り着いたのは小さな森だった。

そして、そこに暮らし始めた。
更なる放射能汚染など知る由もなく、食べる物も選ばなくなり、もう、牛肉として出荷されることも乳牛を迫ら れる事もない。
ある意味、牛たちにとっては幸せで、ありのままの姿だったのかもしれない。

ある牝牛が新しい生命を身籠っていた。
他の牛たちは小さな仲間の誕生を心から待っていた。
しかし、牛から生まれたのは牛の子ではなく…

人間の子だった。


■件(くだん)
件(くだん)は、古くから日本各地で知られる妖怪。「件」の文字通り、半人半牛の姿をした怪物として知られている。その姿は、古くは牛の 体と人間の顔の怪物であるとするが、第二次世界大戦ごろから人間の体と牛の頭部を持つとする説も現れた。幕末頃に最も広まった伝承では、 牛から生まれ、人間の言葉を話すとされている。生まれて数日で死ぬが、その間に作物の豊凶や流行病、旱魃、戦争など重大なことに関して 様々な予言をし、それは間違いなく起こる、とされている。別の伝承では、必ず当たる予言をするが予言してたちどころに死ぬ、とする話もあ る。また歴史に残る大凶事の前兆として生まれ、数々の予言をし、凶事が終われば死ぬ、とする説もある。


携帯からの予約はこちらをクリック!





■チケット料金
◆前売/3500円 当日/3800円
◆ハンバーグ割引(★の部)前売/3000円・当日/3300円 
◆学生割/2500円(高校生以下)※要証明書


ウエストエンドスタジオ
(西武新宿線:新井薬師前駅より徒歩10分)
(JR(中央線、総武線)東西線:中野駅より徒歩15分)
2013年12月11日(水)から16日(月)全10ステージ


TOKYOハンバーグ公式サイト<br /><br /><div class=
スポンサーサイト

始動


KUDAN 表 KUDAN 裏



【顔合わせが終わって】

『KUDAN』の稽古が日曜日から始まる。

台本は書けているところまでという、いつものスタイル。
良くはないけど、悪くもないと思っている。
あんまり遅いとキャストから煽られるので、その前に脱稿を目指している。

でも、まずは書くという段階で俺は悪あがきをする。
今日と昨日とでは頭の中の生まれてくる発想や、描く想像が大きく変わってくる事が多々ある。

つまりそーゆーのを待ってる感じ。
覚醒する自分自身を待っている感じ。
或いは自分と対峙している感じ。


今回は、キャスト&スタッフ総勢40名で大所帯。
でも、5人だろうと100人だろうと、いつものように稽古という時間を丁寧に過ごし、稽古場という空間を、より仲間たちと本質的に共有してゆくだけだ。

あと今回は攻めるよ。
色んな面で攻める。




【嬉しいニュース】

TOKYOハンバーグに新しいメンバーが加わりました。

風戸蒔です。

kazato.jpg

ハンバーグのメンバーになったことで、風戸の演劇ライフもそうだけれど、人生という一回こっきりの時間帯が、色濃く、そして鮮やかになってゆけば良いなって思う。

ダンサーでもあり、手足が長く、綺麗な感じ。
責任感も強く、とても信頼出来る新しい仲間です。
今後の彼女の活躍にご期待下さい!




【テアトロ】

昨日発売の演劇雑誌テアトロ(特集②自分史演劇ストーリー)に、拙い俺の演劇ストーリーが載っています。2ページあります。良かったら見て下さい。




ちょっと、ブログ更新率を上げてゆきます!

TOKYOハンバーグ公式サイト<br /><br /><br /><br /><div class=

情熱冷めず。

前回ブログを更新した時は、まだまだ暑かったのに、もうめっきり寒い。

9月度は劇団稽古に集中しながらも12月公演の新作『KUDAN』の執筆に専念していた。執筆は現在進行形。これ以外にもう2つ書きものがあって、1つは今月発売予定の某演劇雑誌の特集で『演劇自叙伝~personal history~』を書かせて頂いた。

もう1つは、いずれね。

でも、やっぱり苦労するのは新作の『KUDAN』だ。
顔合わせが今月10日にあるのに、間に合うかどうかといった具合。

今回の作品は、今までとはかなり違う。
ハンバーグっぽくないと思う。

でも、芯はブレていない。
公演情報も、まもなくTOKYOハンバーグHPでアップされるので、今しばらくお待ち下さい。


もう、めっきり寒い。
お陰で風邪をひいた。
熱はないけれど、鼻水が洪水だ。

でも、情熱はまだまだ燃えている。
旗揚げした頃の7年前より、燃えている。

乞うご期待です。




TOKYOハンバーグ公式サイト<div class=
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。