スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『KUDAN』無事終演致しました。




ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。
興行面も800名を越える動員があり、黒字という物理的な結果が残せました。

皆様あっての自分、公演を重ねるごとにその想いは募ってゆくばかりです。


千秋楽翌日は劇団のコンテナ作業、荷降ろし、荷返し、産廃、今日は朝から集計、入金など事務的な作業に追われていますが、公演打ち上げが明後日にあり、その日をもってTOKYOハンバーグ15回目の劇場公演が終わるわけです。

今回は出演者も24名と多く、其々の今あるものと、今あるものから進化してゆく可能性を勝手に想像しながら全役当て書きというのに挑戦しました。

結果、出来あがった芝居に賛否はあるでしょうが、自分達のすべてを余力残すことなくやりきった感が残っています。然し、劇作や演出という点では、まだまだ未熟で非力だなという思いを改めて確認しました。もっともっと努力してゆきたいと思います。

今回出演して下さった俳優陣、キャリアや力量の差はありますが、皆、本当にスタンス面が素晴らしく、人として尊く、もう一度、この座組で『KUDAN』をやりたいなという気持ちがあります。ですが、TOKYOハンバーグは現段階で今後の予定がまったくありません。

昨日、哀しくて泣きたくなるような出来事が一つありました。それと相反するように嬉しくて泣いてしまいそうな出来事が一つありました。

7年前、一人で立ち上げたTOKYOハンバーグは俺自身だったけれど、いつの間にか仲間が増え、いつの間にか劇団になり、気が付けば俺のTOKYOハンバーグは【俺たちの】TOKYOハンバーグになっていました。

【俺たちの】という点は今後も変わりません。然し、TOKYOハンバーグは今、避けては通れぬ大きな節目を迎え、第二章へ進もうとしています。詳しくは来年になってからHPの方でもご報告させて頂きます。

今公演での制作面や現場での反省点や改善点は次への糧だと思い、精一杯やってゆきますので、今後も何卒よろしくお願い致します。


メンバー、客演陣、スタッフ様方、本当にありがとうございました。
ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。

心から尊い日々でした。



TOKYOハンバーグ 主宰 大西弘記
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。