スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛、あるいは哀、それは相。


稽古始まってます。
そして本日、チケット発売日です。

『愛、あるいは哀、それは相。』を再演します。評判が良かったというのもあるけれど、それだけじゃない。
今、ふたたび上演すべき作品だと思っています。

演劇とは、歴史を再生する力があると信じている。
だからこそ、未来を想像させる力もあると信じている。

是非、観に来て下さい。


TOKYOハンバーグProduce Vol,16
サンモールスタジオ提携公演


愛、あるいは哀、それは相。

作・演出/大西弘記
公演会場/新宿サンモールスタジオ
公演期間:2014年7月16日~23日 全13ステージ

小小裏


生まれて初めての転校生になった末っ子の妹は、もうすぐ17歳。
こっちに来た頃は毎日泣いていたけれど、最近はあまり泣かなくなった。

この街でも保母さんになった次女の妹は、死んだ母に一番似ていて、
子供たちの話をする時は、まるで母と同じような笑顔を見せてくれる。

長女の私はというと、従兄弟が経営する喫茶店で働かせてもらい、
朝早くからコーヒーの豆を挽いては、ここに辿り着いた理由を探す。

この街で暮らす人たちの優しさや思いやりが時々、本当に時々、胸を痛くして
どうしたらいいのか、どう生きてゆけばいいのか、わからなくなる時がある。
何が本当で、何が嘘だなんて、誰が教えてくれるの?
私たちが知っていること、それはあの日を生き残ったということ。

ふるさとを離れて、もうすぐ5カ月。
この街では初雪が舞い散り、私たち三姉妹はそれを眺めて帰りたくなる。
私たちが生まれ育った街、南相馬へ。


2014年 小暑の頃 TOKYOハンバーグがふたたび織り成す
3月11日から1年の歳月が流れた喫茶ホットラインの珈琲物語。

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] ドレスレンタル撮影スタジオFX初心者人事 アウトソーシング

■チケット料金
◆前売/3500円 当日/3800円
◆ハンバーグ割引(初日と17日、20日のソワレ)前売/3000円・当日/3300円 
◆学生割/2500円(高校生以下)※要証明書


■出演
松隈量
光藤依里
清水理沙
風戸蒔
(以上TOKYOハンバーグ)

新妻さと子(タートルプランニング)
永島広美(B.LET’S)
土田有希(B.LET’S)
難波真里
関口英司(劇団娯楽天国)
内藤羊吉(ジョイントオフィス)
山口快士
小川善太郎
さわたりちひろ(さわたり組)
照屋実


■スタッフ
音源/清見雄高
舞台監督・舞台美術/大河原敦・平井利典
照明/吉嗣敬介
音響/香田泉
演出助手/たかぎなみか
宣伝美術/佐藤圭三(ago co.,ltd)
方言指導/阿部佳代子
宣伝写真・舞台写真/アリセサクラ
宣伝PV/幸野賀一
WEB宣伝/H.M.Progres
制作/仲村幸紀(TOKYOハンバーグ)
制作協力/J-Stage Navi
カンパニースタッフ/石原友武・松井満梨江
企画・製作/TOKYOハンバーグ

■協力
サンモールスタジオ
H&Bシアター
龍前正夫舞台照明研究所
相原奈保子
タートルプランニング
B.LET’S
さわたり組
劇団娯楽天国
ジョイントオフィス
志事務所
アイリンク
オフィスKR
乳幼児教室ハッピールーム
マウスプロモーション
宿 行政事務所
喫茶ホットライン



■チケット取扱い・お問い合わせ
①J-Stage Navi 
03-5957-5500(平日11:00~18:00)
http://www.j-stage-i.jp

②ローソンチケット ※チケット取り扱いのみ
0570-084-003【Lコード:36459】24時間受け付け/自動音声対応
0570-000-407(10:00~22:00) オペレーター予約電話番号
http://l-tike.com/ 店頭販売Loppi(24時間販売/ローソン・ミニストップ店頭)

③TOKYOハンバーグ 
090-5807-3966 
E-mail info@tokyohamburg.com 
HP http://tokyohamburg.com


■劇場
新宿サンモールスタジオ(丸ノ内線 新宿御苑前駅大木戸門出口より徒歩5分) 
東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M-8F(事務所) B1(劇場)
TEL 03-5367-5622(事務所) 03-3350-0335(劇場ロビー) FAX 03-3355-4390


TOKYOハンバーグ公式サイト<div class=
スポンサーサイト

母ちゃんの日。


日付も変わって、昨日、母ちゃんから電話があった。花を送ったのね、それが11日じゃなくて、10日届いちゃって、それでなんだけど、花くらいで喜んでくれるのは嬉しい。

10ヶ月も、母ちゃんのお腹の中にいたなんて不思議。
今日は母の日、だけど本当は毎日感謝すべき、世界でたった一人の女性。

幼い頃、家族で箱根に家族旅行に行った。親父は俺と兄貴を森の中にあるアスレチックに連れてってくれて、母ちゃんは物心のついていない弟の面倒をみながら、車の中だったか、飲食店の中だったか、旅館だったかで三人の帰りを待っていてくれた。

俺はわんぱく小僧だった。親父よりも兄貴よりも、ドンドン奥へ進んでいった。 何か耳元でブ~って音がするなと思った瞬間、まぶたを蜂に刺されてボクサーが試合終わった後みたいに腫れ上がった。

そこまで痛くはなかったけど、腫れ具合は酷かった。親父も兄貴も笑っていたけど、母ちゃんの所に...帰ると、母ちゃんは至極心配して、俺はケロッとしていたのに、母ちゃんが泣きそうになりながら冷えたタオルを瞼に当ててくれた記憶がある。

中学2年の頃、他校の3年生達と喧嘩を起こして問題になり、夜遅くに学校に呼び出された事があった。どの角度から見ても聞いても自分たちの息子が悪いってわかっているのに、お世話になっている先生に思いっきり目の前で自分の息子たちが殴られているのを見て、どんな心境だったのだろう。

校長室で正座させれた俺とノブヤンとタケちゃんとヨッチン。 その後、4人はスポーツ刈りにさせられ、俺が一番似合っていなかったのが腑に落ちなかった。

中学から高校へ進学した時。
俺は地元を離れ、四日市の高校に進学をした。所謂、寮暮らしだ。引越しの日、トラックの荷台にベットだの着替えだの生活雑貨を積んで親父と母ちゃんと四日市へ向かった。車の中では、あまり会話はなかったんだけど、泣きそうになっている母ちゃんの表情が今でも忘れられない。

東京に出て来て、俺が演劇研究所に通いだした頃。
研究所での発表会を初めて観に来た時=俺の芝居を初めて観劇した時、今は星になちゃった師匠に、深く深く頭を下げてお礼をしている母ちゃんを見て、俺が泣きそうになった。

親不孝が何なのかは身をもって経験してきた。
けど、親孝行ってどんなことを言うのだろう。
母の日に花を贈るくらいで親孝行って言えるのかな。

中学卒業後に親元を離れてから、そのまま転々として今があり、もう20年になる。俺の人生の半分以上だ。

その20年間の中で、何回、母ちゃんを見たのかな?
この先、あと何度、母ちゃんって呼べるかな?
あと何度、甘えられる?
あと何度、何かをしてあげられるかな?
あと何度、会えるのかな?

俺がどれだけ大人になっても、やっぱり母ちゃんは母ちゃん。
俺にとって、とても大切な親。

今でも心配かけちゃってる親不幸なドラ息子なんだけど、いつまでも元気でいてほしい。そんでもって、俺が母ちゃんに出来ることは、情けないけど自分の芝居を観て貰うくらいしかないんだなぁ~。

だからって訳でもないけど、人の心の栄養になるような作品を、これからも書いていけるように、上演出来るように、そんな表現者でありたい。

10ヶ月も、母ちゃんのお腹の中にいたなんて。
その10ヶ月を母ちゃんは、どんな気持ちで頑張ってくれたのかな?
そういう事を想えるようになった俺は、少しくらい成長できたのかな?
でも、本当の本当に、実は当たり前のことなんだよね。
母ちゃんってのはさ、本当は毎日感謝すべき、世界でたった一人の女性なんだよね。

いつも、ありがとうございます。







TOKYOハンバーグ公式サイト<div class=

気にいった一枚。


多分、3年くらい連続して俺はGWをGWとして過ごしている。
勘違いしないで頂きたいのは、俺のGWとは皆様のGW(ゴールデンウィーク)ではなくGW(ゴールデンライト)であって、ライトはWrite、つまり書く。

そう、毎年、この時期は執筆に追われているというか、何故だか、そういうスケジュールになっていて、フェイスブックなどを覗くと、どこへ行ったとか、何を食べたとか、もう本当に、いいな~いいな~っと独り言を連呼している。

一日くらいは晴れた日に玉川の土手で真昼間からビールを飲んでやろうと考えていたけれど、胃が痛かったせいもあり、今は痛くないけれど、どうやら消化機能が低下していて、そんな時にお酒なんか飲んだら執筆出来なくなるんだろうな~っと流石の俺も自分を労わっている。


そーいえば、先日、森林公園で撮影した団体写真。
111.jpg
他にもいっぱいあるんだけど、ホームページで活用する予定なので、今は一枚だけ。
でも、この一枚、俺は凄く気にいってる。


閑話休題


7月、新生TOKYOハンバーグとなって上演する公演は、過去に上演した『愛、あるいは哀、それは相。』を再演する。色んな思いがあるけれど、今、どうしても上演したい作品であり、今を生きる人に観てほしい。

時期や季節が、人をその気分にさせてくれるけれど、そーゆーことでもないと思うんだ。

演劇とは時代を再生する力があると信じていて、
それを信じているから、
演劇には未来を想像させる力もあると思うようになった。

今日アップした一枚の写真、そこに写っているのが今のTOKYOハンバーグで、俺は彼らと、そういう演劇を追究探求していきたいなって素直に思います。



TOKYOハンバーグ公式サイト<div class=

どんな世界でも言えること


5/1はTOKYOハンバーグの団体プロフィール宣材写真の撮影のため、とある森林公園へ行った。

一週間前からの天気予報では雨だったので撮影は中止かなと思っていたけど、どうやら願いが天に届いたのか、とても良い天気で撮影も良い具合に進んだ。

今年に入ってからメンバーが増え、去年の今ごろと比べると、まったく違うTOKYOハンバーグの姿が今はある。

過去の事は振り返らない、いや、たまに思い出しては元気にしてるかな~っとか、連絡を取ってみたりとか、そんな風にいられる『今』を俺は生きている。

昨日は本当に気持ち良かった。

木漏れ日、そよ風、小川のせせらぎ、鳥の鳴き声、遠足に来ている小学生の会話、すべてのことが気になる。普段は殆ど無関心に生きているっていう証拠だね。いや、本当に色んなことに反応する気持ちを持っていないと、と痛感すると同時に前日からの胃痛がダブルで俺を襲うんだけど、メンバーたちの笑顔を見ていると、和らいだ。

考えてみれば、TOKYOハンバーグが8人体制になってから、全員が揃ったのは、この日が始めて。皆、客演ラッシュでミーティングの時は誰かしらがいなかったので、意味深い一日にもなったと思う。


撮影が終わって、夕方からは施設に移り、7月公演のチラシに記載する宣材写真の撮影。その前にメンバーでファミレスで休憩。

今後の展開について話し合う中、TOKYOハンバーグが8年目に突入したのは、色んな事があったけれど、きっと俺が好きなことを続けてきたからだと思うという話をした。

『好きな事を続ける』と『好きな事だけを続ける』というのは、話が違う。だけを続けられる人は羨ましい。でも、今は以外も喜んでやっている。

そして好きな事というのは説明するのも不毛だと思うけど、それは売れたいとか有名になりたいとか偉くなりたいとか、そーゆー事ではない。そー思う自分もいるけれど、兎に角、自分が気になることを描き演劇として上演する、それが好きな事であって、そこは、この8年、一秒もブレた事がないと思っている。

続けることは大事。けど、続けている事が自分にとって何なのか、そこを自分自身が自覚していないと、続けている最中の一回が、経験としてだけでしか残らないような気がする。経験の他に何を自分の中で残してゆくのか、色々あるだろうけど俳優ならば俳優としての力量だ。

つまり成長だと思う。

その成長も自分の中だけでの感覚ではなく、自分の事をよく知ってくれている人が認めるような成長。それは他人の目を気にしろという事ではなく、あ、でも勿論、何かをするにあたって他人の目は気にしなくちゃいけないんだけど、それは協調性であって、消極的とは違う。

続けてゆく中で、何を続けているのか自覚しているのなら、続けている事に対して修行しないとね。うん、終わりなき修行。

でも、そんなのは、どんな世界でも言える事だと思う。

そして、俳優としての成長もだけど、俺的には俺自身も含めて、今のメンバーたちと、人としての成長がしたい。これも終わりなき修行だ。

夕方からのチラシ撮影、客演さんたちも思った以上に早く来てくれて、19時半頃には一日の予定がすべて終了した。

胃が痛い俺は、勿論、即帰宅。
多分20時半頃には夢の中だったと思う。



7月公演の顔合わせは今月20日。
その時までに戯曲を書きあげ(再演物なので改稿)満を持して始動したい。

TOKYOハンバーグ公式サイト<div class=
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。