スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10th Anniversary  チケット発売日


TOKYOハンバーグ10周年公演『愛、あるいは哀、それは相。』のチケット発売日が明日の1月21日となっております!
さすがに10年続けていると、ここ最近の公演では半分以上のステージが満員御礼となり本当に嬉しいです。
ですので、ご予約はお早めにどうぞ!

顔合わせは来月で現場での始動はまだですが、製作面ではもう動き出しています。
今回もPV作成やメディアでの宣伝などもあります!
随時更新してゆきます!


TOKYOハンバーグProduce Vol,19
10th Anniversary


愛、あるいは哀、それは相。(再演)

作・演出/大西弘記
会場/下北沢「劇」小劇場
公期間/2016年3月30日~4月10日



main_img2.jpg

生まれて初めての転校生になった次女は、もうすぐ17歳。
こっちに来た頃は毎日泣いていたけれど、最近はあまり泣かなくなった。

この街でも保母さんになった長女は、死んだ主人にそっくりで、
子供たちの話をする時は、まるで主人と同じような笑顔を見せてくれる。

母親の私はというと、親戚が経営する喫茶店で働かせてもらい、
朝早くからコーヒーの豆を挽いては、ここに辿り着いた理由を探す。

この街で暮らす人たちの優しさや思いやりが時々、本当に時々、胸を痛くして
どうしたらいいのか、どう生きてゆけばいいのか、わからなくなる時がある。
何が本当で、何が嘘だなんて、誰が教えてくれるの?
私たちが知っていること、それはあの日を生き残ったということ。

ふるさとを離れて、もうすぐ5カ月。
この街では初雪が舞い散り、それを眺めては帰りたくなる。
私たちが生まれ育った街、南相馬へ。


2016年 桜の頃 TOKYOハンバーグがふたたび織り成す
3月11日から1年の歳月が流れた喫茶ホットラインの珈琲物語。


TOKYOハンバーグ公式HP


stage56973_1.jpg stage_reverse56973_1.jpg



携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] ゴールドカード比較婚活ランキングシストレ初心者レンタルスタジオ

■出演者■※今回一部ダブルキャストになります。ホームページにてご確認下さい。

西山水木(プリエール)
光藤依里(TOKYOハンバーグ)
岩田陽葵(ミライプロダクション)
宇鉄菊三(tsumazukinoishi)
内谷正文(FrankAgeCompany)
小林英樹
鷹野梨恵子(無名塾)
石本径代(ECHOES)
大内彩加(officePORT)
大石知恵
青山結実花(ミライ・アクターズ・プロモーション)
永田涼香
脇野祐樹
横山将士
中込俊太郎(ULPS)
高畑加寿子(劇団娯楽天国)
藤原啓児(StudioLife)


■チケット料金 ※全指定席
◆前売/4000円 当日/4200円 
◆ハンバーグ割引(3月30日19:00、31日14:00/19:00、4月1日19:00の4公演)
前売/3500円・当日/3800円 
◆学生割/2500円(高校生以下)※要証明書

■劇場
下北沢「劇」小劇場(小田急線下北沢駅南口徒歩5分)
東京都世田谷区北沢2-6-6
TEL 03-3466-0020

■スタッフ
音源/清見雄高/舞台監督・舞台美術/大河原敦/照明/吉嗣敬介/音響/香田泉(零´sRecord)/方言指導/阿部佳代子/宣伝美術/齋藤正和・りえぞう/宣伝PV/齋藤正和/宣伝写真・舞台写真/ありせさくら/WEB宣伝/西谷竜太/制作/J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ)/カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子/企画・製作/TOKYOハンバーグ

■協力
下北沢「劇」小劇場/H&Bシアター/龍前正夫舞台照明研究所/プリエール/ミライプロダクション/tsumazuki no ishi/Frank Age Company/無名塾/ECHOES/officePORT/ミライ・アクターズ・プロモーション/ULPS/劇団娯楽天国/Studio Life/オフィスKR/かわさきFM/デモクラTV/宿 行政事務所/喫茶ホットライン


スポンサーサイト

初めての・・・



今年に入って、もう半月が経ちましたが、皆さん、本年もよろしくお願い致します。

新年早々、嬉しいニュースです。
昨年上演した『最後に歩く道』が2015年度サンモールスタジオ選定賞で最優秀演出賞を頂きました。


わーい、初めて賞を頂きました。
まさかの演出賞です。

で、もう一つ嬉しいことがありまして、同じく2015年度サンモールスタジオ選定賞で『最後に歩く道』の主演を務めてくれた宇鉄さんが主演男優賞を!

まさかのW受賞です。

サンモールスタジオという愛すべき劇場に恥じぬよう、今後も精一杯に演劇と、社会と、そして人と、向き合ってゆきたいと思いますので、皆様、本年もよろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。