スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな気がするから、そんな気がするんだよ。

最近は季節の変わり目でもあるのか喘息が酷い、が、次回公演の稽古は進行している最中、実はまだ脱稿をしていないという有様なのでR。

皆さん、こんにちわ、久しぶり、オオニシです。

ブログを書かなくなり二ヶ月くらいが過ぎたけど、公演宣伝もしなきゃならないし、前回公演のアンケートにもブログ再会を!という嬉しい感想もあったり、メールも頂いたりで、嬉しかった。

自分の気持ちを綴るという行為になんだか疑問を感じ、行為は自慰になっていないか恥ずかしくなったり、自慰することで気持ちを消化していないかという自分自身への猜疑心に駆られちゃって書くのが嫌になったり、自分という人間がわからなくなったり。

然し、自分はどんな人間であるのか、それを知るには自分の周りにいる人間を見れば一目瞭然だという事を知った。

幸い、俺の周りにいる人たちは良い人だ!っと言い切ることはしないが、悪い人だ!と言われれば全力で否定したくなる人たちばかりだ。

言葉とは嘘っぽいけど、でも大切だね。
そう感じる今日この頃です。




大変、遅くなりましたが『口紅を初めてさした夏』にご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。終わって一ヶ月以上が過ぎた今では、これまでに積み重ねてきた劇場公演と然程変わる事のない劇場公演だったのですが、それでも、これまでに積み重ねてきた劇場公演と同じよう、色々な事を学びました。現場での反省点などは今回の現場で活かせたらと思っております。

いつも劇場公演に挑む時は真剣勝負なのです。経験や勉強のためにやるのではありません。真剣という刀を持ち、自分自身と闘うのであります。しかし終わってしまえば、やはり学びという言葉と経験という過ぎた時間になってしまう儚さ。

それを繰り返していると、どこに辿り着くのだろか?そんな疑問符を背負いながら突き進んでいる訳であります。何故ならば、ただ純粋に演劇がやりたいから。そんなのは俺だけじゃないし、俺の知らない演劇人も、演劇に関わらず何かに没頭する人たちはそうだと思う。

俺は感動させる事が出来れば良いと思っている。ただ感動といっても、深く心に残るといった意味で、すべてが良い方向にだけ考えているのではない。深く心に残る演劇をしたい。その瞬間は眼を背けたくなるような残酷さがあってもだ。

演劇とは観る人がいて成り立つ。そこを忘れて自分の世界を押し付けたりするのは、如何かなと。しかし自分にもそういう感覚があるんじゃないのかと疑ったりもする。

俺は共感を求めている訳でもないし、媚びたい訳でもない。だからといって観る側に想像力がないから理解が出来ないのだよといった類の演劇をする気は一切ない。

ここが難しい。良い戯曲、良い戯曲って思いながら執筆に勤しむ傍ら、良いって何だ?っとなる。良い芝居、良い芝居っと思いながら稽古に挑む傍ら、良い芝居って何だ?っとなる。

自問自答を繰り返すのは飽き飽きしているんだけど、それでも自問自答する自分がいて、それがもう面倒くさくなったり、しざるおえなかったり。

芸術的だとか文学的だとか知的だとか斬新だとか、笑わせようとか泣かせようとか、それらがまったくないなんて言ったら嘘になるかもしれないが、じゃあ、お前のやっている事は何?っとまた自問自答をする始末。

ただ、さっきも言ったように言葉とは嘘っぽいけど、俺は感心されたいのではない。感動をさせたいし、自分も感動したいのだ。




髪結う時を上演した時に、多分、黒田君のお客さんかな?終演後、至極感動してくださった男性の方がいた。次の日の終演後、また、その男性の方がいるじゃないか。当時は俺も受付をやったりしていたので、二回目の観劇ありがとうございますと声をかけたら、初回にとても感動して、どうしても妻に観せたかったと仰っていた。隣に奥さんがいらして、眼が赤くなっていた。

髪結う時は夫婦の話だったので、共感する事があったのだと思う。

次の公演の月光の在り処では俺も出演していたので確認は出来なかったのだが、前回の口紅を初めてさした夏では、その男性の方が観に来ていた。

凄く嬉しくて、髪結う時も観に来てくださいましたよねと俺は声をかけた。そしたら二回観ましたよと。今回は隣に娘さんがいらっしゃった。娘さんも1年前のお母さんのように眼が赤くなっていた。
色々な事が創作のエネルギーになるんだけど、今回の事も、勿論、しっかりとしたエネルギーになっているのを強く感じる。

心が動くなんて眼には映らないよ。だけど、それは行動になって現れるのだと演劇が教えてくれた。
だから俺は演劇がやりたいんだ。もっと色々な事を教えてくれる気がするし、もっと色々な事を感じさせてくれる気もする。

そんな気がするから、そんな気がするんだよ。



そうだ!今回は久しぶりに出演者紹介をやるよ!
今回も素敵な人たちが俺の周りにいてくれています。


TOKYOハンバーグProduce Vol.8

『のぞまれずさずかれずあるもの』 作・演出/大西 弘記

千本桜ホール(東急東横線・学芸大学駅 徒歩1分)

のぞまれずさずかれずあるもの  裏ネット専用



2010年11月24日(水)~30日(火)※1ステージ 70席限定

携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術!FX比較FXブログ通販ショップ
※開演の30分前から開場いたします。
※開演の1時間前から、受付にて整理番号券を発行いたします。
※整理番号順にご来場いただきます。
※25、26日の19:30公演は終演後ポストパフォーマンストークショーあり。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。