スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺は素手で闘ってきた。これからも。

稽古1

稽古場にあるホワイトボードに落書きをして遊ぶ土屋と金重。

それを見て嬉しそうにはしゃぐ長澤美紀子。

更に、その様子を見てご立腹な相原奈保子。

何も言わず苦笑する正村徹。

この団体、大丈夫なの?と傍観する新妻さと子と西村舞子。

こんな感じで稽古は進んでおります。





自分思考ではなく登場人物思考で。
その場、その瞬間に起こる事への判断と欲求。
相手の表情を良く見て、相手の言葉を良く聞く。
すべての動作と言動が、常に自分の深層心理的な箇所で整理出来ているか。



稽古中、俺が役者に求める事が上記でR。
まあ他にもあるけど、大まかに。

これって簡単に書いたけど、トレーニングしなきゃ出来ないと思うんだ。頭が良いとか悪いとか、素直とかそうじゃないとか、カッコいいとか可愛いとか、スタイルが良いとかデブとか、声が良いとか渋いとか、それも大きな武器だけど、それだけでは芝居は出来ない。

トレーニングしなきゃって書いたけど、それが出来たとしても、それをもっと磨くにはトレーニングを続けなければ、それ以上にはならないと思うんだ。

肉体的なトレーニングではないから老若男女関係ない。

サッカー選手だって野球選手だって、プロはみんな毎日練習している。役者達はどう?天才的な人は、ある程度トレーニングすれば、もう、しなくても良いのかもしれないけど、天才的な役者なんか、会った事ないし、見た事もない。

よく見るのはダメ出しを通せない役者。

それはダメを通す方法論がないだけ。引き出しは、いっぱい持ってるのに、その引き出しの開け方を知らない。

そして、知らないという事を知っていない。

たまに見るのは芝居も出来ないのにプライドばかりが、やたら高い役者?

プライドがある事は良い事だと思うけれど、それが邪魔して自分の良い処を殺しちゃってる。

そして、知ろうという事を知らない。

役作りは、そんな単純な作業ではない。武器は所謂オプションだ。肝心なのは、武器を使いこなせる自分自身だ。良い武器持っていても、それの使い方を知らなかったら意味がない。 そして、そればかりに頼ってちゃ芸がない。

そんな人、いっぱいいる。

武器のない人は、素手で闘え。

だからトレーニングをしよう!等身大で勝負出来る様な役者を育てよう!下手でも、良いって言われる役者が良い!来年からはメンバーでトレーニングだ!参加者募る!詳しくは11月公演の当日パンフに折り込む。あんまりいっぱいだと俺が大変だから、少数で。




さて、久しぶりの出演者紹介。

トップバッターは長澤美紀子さんです。
彼女はTOKYOハンバーグ3回目の出演です。去年上演した月光の在り処のワークショップオーデションに参加してくれて、その時に出会いました。最初は綺麗な姉ちゃんだなぁ~という印象だったのに、最近では、何でそんなオモロい姉ちゃんなの?といった印象。色々なところに目配り気配り心配りが出来る人です。前回の口紅を初めてさした夏でも好演!人柄も温かく、大人の女性です。 若干めんどくさいが・・・

長澤さん

ホワイトボードの落書きを子供のように食い入る長澤さんのつま先に注目です。
立ってますね~。

そういえば、彼女は年下の女の子達に敢えて自分の事を『ミキちゃん』と呼ばぜるそうです。。。
これはもう、最高の武器でしょ!

そんなミキちゃんが気になる方は、下記から入れます。
長澤美紀子の『みんみのブログ 今日生まれたよ』は、こちらから。




TOKYOハンバーグProduce Vol.8

『のぞまれずさずかれずあるもの』 作・演出/大西 弘記

千本桜ホール(東急東横線・学芸大学駅 徒歩1分)

のぞまれずさずかれずあるもの  裏ネット専用

2010年11月24日(水)~30日(火)※1ステージ 70席限定

携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術!FX比較FXブログ通販ショップ
※開演の30分前から開場いたします。
※開演の1時間前から、受付にて整理番号券を発行いたします。
※整理番号順にご来場いただきます。

※25、26日の19:30公演は終演後ポストパフォーマンストークショーあり。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。