スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しだけ寂しくなった。


連日稽古の日々。

そーいえば、昨日の稽古は久しぶりの中目黒だった。旗揚げから5回目公演までは、よく、そこを使用していたんだけど、月光の在り処くらいから使用しなくなった。

その稽古場で色々な役者たちの真剣な眼差しを見てきた。それが走馬灯のように駆け巡ったりした。
今、こうして必死にやっている事も何年後かには、思い出になっているのかと考えると少しだけ寂しくなった。





仕方ない、人は時間経過の中で右往左往する生き物だし、生きているからには老いてゆくのが宿命だ。今が無限に続くなんて誰しもが思ってはいないだろうけど、時間とは限られているものだと、どれだけ意識出来ているだろうか。

その意識も2年前と今は、かなり違う。今と2年後は、きっと変わってくるだろう。

例えば、最初は30回組まれている稽古日程があるとして、やがてカウントダウンしてゆき、、残り2,3回になって、ラスト1回になる。そのラストに迫れば迫るほど、大切にしなければという意識が強くなったりするのだろうけど、ラスト一回の意識が、一番最初の30回の時からあれば。



むむむ。

最近、意識、意識と煩くなっている気がする。


昨日の稽古風景。
稽古風景
イジける正村だね。







◆キャスト紹介◆

土屋 士です。
tutiya.jpg

まあ、彼の場合は言わずと知れた土屋士なんだけど、最近、白髪が増えたねぇ~、俺が苦労かけるからかな?

頼れる処は凄く頼れるし、頼れない処はまったく頼れない男。でも、他の人が土屋を批判しようものなら、俺が出てゆくよって言いたくなるような人。

俺の先輩なんだけど、今では同志だね。

たまに、ああ、凄いなぁ~って思わせてくれる時もあるから嬉しい。
たまに、ああ、ぶっ飛ばして良いって思わせてくれる時もある。

あ!そうだ。

今回で土屋士の芝居、変わっちゃうかもよ。だって俺がツッチーの『ダム』をぶっ壊そうと必死だからね。

今までに土屋の芝居を観ている人は必見だね!

マジだよ。



◆出演者のブログはこちらから◆

相原奈保子のナオコノハコニワ
土屋士のツチブログ -好球筆打-
金重陽平の義務ブログ
TETSU 五月の桜
新妻さと子 Satoko's Room
長澤美紀子 みんみのブログ 今日生まれたよ



TOKYOハンバーグProduce Vol.8

『のぞまれずさずかれずあるもの』 作・演出/大西 弘記

千本桜ホール(東急東横線・学芸大学駅 徒歩1分)

のぞまれずさずかれずあるもの  裏ネット専用

2010年11月24日(水)~30日(火)※1ステージ 70席限定

携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術!FX比較FXブログ通販ショップ
※開演の30分前から開場いたします。
※開演の1時間前から、受付にて整理番号券を発行いたします。
※整理番号順にご来場いただきます。

※25、26日の19:30公演は終演後ポストパフォーマンストークショーあり。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。