スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KANKAKU


一ヵ月後の今頃は本番中日くらいか。
考えてみると、こんなに時間に追われた公演は初めてかもしれない。

戯曲だって8月公演が終わるまでは他の事を書こうと思っていた。それなのに9月に入り、急遽『のぞまれずさずかれずあるもの』を書き出した始末。だって、それが書きたくなったのだから仕方がない。

俺の書きたい欲求がそうさせるのだ。

今年もあと二ヶ月と数日だが、今年を振り返るとタイトな日々だった。それは現在進行形で11月公演が終わるまで続く。更に本番が近付くにつれ、忙しなさも心身の疲労も重力を感じながら加速してゆく。

稽古は三日間休みで明日から再開。進行は難しい状況だ。しかし簡単な事ほど詰まらない。難しいから、その難しさをクリアしようとするのを楽しんでゆく。出来なかった事が出来るようになった瞬間が待ち遠しい。

生まれてくれ、生きてくれ、それほど尊いことなど、ありはしないのだから。




昨日はずっと執筆に明け暮れていた。実はまだ脱稿していない。いや、最後まで書けているよ。ただ自分の中で納得がいっていないだけだ。だから役者達には納得がいっている処まで渡してある。こんな状況なのもTOKYOハンバーグ始まって初めてだ。

だからといって、何も不安はない。逆に、この状況を良い方向へ持ってゆける自信がある。自信になる要素はいくらかあるが、根本にあるのは信頼だ。

信頼できる人たちが俺を信頼してくれている。

デジタル化が加速されてゆく現代社会において、演劇というカテゴリーはアナログだ。手作りという人の温かみが観る人の心を温かくするのなら、作り手たちには信頼関係が構築されていないと、人の温かみを持つ手作りを生み出すことは出来ないだろう。

どれだけ役者が優れていても戯曲が秀でていても演出が芸術的でも、すべてが人ありきだ。人には温もりがある。それを忘れてはいけない。


昨夜は執筆を途中で切り上げ、ガレージ浮雲にてmyanと劇中挿入曲の打ち合わせ。タタキで上がっている曲を聴かせてもらった。凄く良い。やっぱmyanはスゲーよ。

今回助っ人の梅さんも来ていて、梅さんは半端なくギターが上手い!プロの腕に感動した。イメージを伝え、即興で一曲弾いてもらったのを録音した。

あ、ガレージに音楽機材が増えていて、軽くスタジオみたいになってた!
ガレージにて音源作成
なんか良い。


一つの劇場公演を行うのに、作業は稽古場だけではないんだ。
こうして他の場所でも同時進行で動いていたりする。

これも人。

温もりを篭めて、執筆、役作り、芝居構築、音源制作、他にも。

人ありきだね。

明日の稽古が楽しみ、みんなに会えるのが待ち遠しい、気持ちが抑えきれないよ。

この感覚、わかる?


あ!キャスト紹介の続きは次回で!





◆出演者のブログはこちらから◆

相原奈保子のナオコノハコニワ
土屋士のツチブログ -好球筆打-
金重陽平の義務ブログ
TETSU 五月の桜
新妻さと子 Satoko's Room
長澤美紀子 みんみのブログ 今日生まれたよ



TOKYOハンバーグProduce Vol.8

『のぞまれずさずかれずあるもの』 作・演出/大西 弘記

千本桜ホール(東急東横線・学芸大学駅 徒歩1分)

のぞまれずさずかれずあるもの  裏ネット専用

2010年11月24日(水)~30日(火)※1ステージ 70席限定

携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術!FX比較FXブログ通販ショップ
※開演の30分前から開場いたします。
※開演の1時間前から、受付にて整理番号券を発行いたします。
※整理番号順にご来場いただきます。

※25、26日の19:30公演は終演後ポストパフォーマンストークショーあり。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。