スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続き。



新宿シアター・ミラクル支配人の星英一氏の『ITが発達したがゆえに逆に身内客しか劇場に来なくなって演劇は退化しているのではないか』という意見に関して、確かに小劇場の客席には身内客が多いと思う。

ずっと前にこのブログでも書いたけれど、客席が同業者や業界関係者、玄人や一部の演劇マニアばかりで満席になったとしても何だか違うような気がする。満席になれば、そりゃ興行的には成功であるのかもしれないけれど、演劇がとても狭い世界で行われている事になる。

満席は嬉しい、テンション的にも『HI』になる。だけどやっぱり一般のお客様、まだ芝居を観た事がない方々に触れて貰いたい、演劇という素晴らしい事に。

それはどこの劇団でも直面しなければいけない理想だし、理想を現実に変えてゆく想像と行動が劇団を継続させる大きなエネルギーだと思っている。

其れに関して、何か良い案がないか考える事が多い。

然し、演劇界に友人知人が少ない俺でも、この人にはTOKYOハンバーグの公演を観てほしいと思える同業者もいる。付き合いが長い=信頼関係とは言えないかもしれないけれど俺の作品を昔から観てくれている人には、毎回観て頂きたいし、上演した芝居のクオリティーに対しての意見も聞かせて頂きたい。

上演したもの勝ちとか、そーゆー意見も聞くけれど、上演=晒すと捉える自分としては賛否両論の良い方だけに耳を傾けているだけでは本質的な成長は難しいと思う。

痛い事を言われて、それを受け入れなくてはいけない状況も過去にあった。そしてお金を取って上演するという事は賛否両論のすべての意見に対峙しなければいけない。

それが上演する側の責任と覚悟だ。

昔、ある偉い劇作家が自分の作品を観た若者に作品の内容に関して疑問符を投げかけられたそうだ。その劇作家は若者に君が勉強不足だからわからないのだよと言ったという。

例えば歴史上の事実や事件などをドキュメントタッチで描かれた作品ならば、その出来事を知らない人は解らない事もあるだろう。しかし自分の世界を描いた作物であるならば、観る側の勉強不足だから解らないというのは一方的だし押し付けがましいとも思う。

縦しんば歴史上の事を取り扱っても、作品の中でそれを伝える事が、観る人への配慮ではないだろうか?それは媚を売るとか、説明的にしろとか、そういう事ではない。そこが演劇の難しいところでもある。

演劇好きは演劇が好きだからやっている。劇作家も戯曲を書くのが好きだから書いているのだと思う。好きという言い方だと安っぽくも聞こえるけれど、しっかりとした心持だと捉えてほしい。どれだけの心持で演劇に携わっても、それが芸術性の高いモノだとしても、発信する方は受信する存在を忘れてはいけない。受信側の発信させたい気持ちを感じなければいけない。

発信する側の傲慢な姿勢が演劇界を退化させている一つの理由でもあると思う。それが続くと演劇界は圏外になってしまうだろう。







演劇は時代の流れによって変化を遂げてきた。そして現代の演劇があり、現代社会とシンクロしている。その方法論には数ある劇団の種類だけあると思う。勿論、TOKYOハンバーグにはTOKYOハンバーグなりのカラーと方法論があり、それは継続の中で出逢った。旗揚げ当時に描いたビジョンが更に具体的で鮮明になったとも思う。しかし今の演劇界の流行とは違う。逆行しているかもしれない。

流行だろうとそうでなかろうと、終演後劇場を後にする観衆に『明日も頑張ろうと想わせてくれた演劇にまた触れたい』と想って頂けるよう、そんな劇場公演を志したい。

理想だよ!すげー理想。だけどそれをいっしょに現実へ変える仲間たちが俺には存在する。

仲間にチケットノルマを課すことなど出来ないよ。本番に向けての稽古で仲間を叱咤する事もあるけれど、それはいっしょに理想へ辿り着く階段を昇って行きたいからなんだよ。でもそればっかりじゃダメなんだけどね。

客演への依存度が増した現在の演劇界の創作システムに関しては、色々な風を入れたいのだと思うけれど、俺は良いと思う。劇団員だけでの公演も良いと思う。やることに意義があるのだ。しかし主催側の赤字にならない為のチケットノルマ制に関しては要らないと思う。チケットを売る為に必死になっても、小劇場の客席には身内客が多くなる一方だ。ただ動員数を増やしたいという概念は悪循環で演劇界を狭くする。

もっと要らないのはチケットを売る事に努力しない役者だ。自分の芝居を他人に観たいと想って貰える努力も必要なのだ。それはビジュアル的な事を言っている訳ではない。役者とは役になる者であって自分のままで舞台の上に立つのではないからね。

演劇界を退化させてしまう理由などいっぱいある。俺が知らない範囲でもあると思う。だけど退化させないために出来る事を模索して演劇を続けたい。

『明日も頑張ろうと想わせてくれた演劇にまた触れたい』と想って頂けるような。






TOKYOハンバーグ5月公演【主演を含む】出演者オーディションのお知らせはこちらから!

TOKYOハンバーグ公式サイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。