スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常のヒント



5月に再演する『髪結う時』をブラッシュアップするため、過去の執筆時に参考として積んだ書物をあさる。そして初演時(2009年6月)にお客様に書いて頂いたアンケートも読んでみる。更に当時の『髪結う時』も読む。

3年前の自分と向き合っているような感覚になる。

思い起こせば、たった3年間で自分の生活リズムや身の周りがかなり変わった。一つ例を出せば3年前に上演した『髪結う時』に出演していて今回も再び出演するのは今のところ金重陽平のみ。

変化を恐れている自分と未知との遭遇に胸ふくらませる自分が混在してる。

別に特別ではない、それが人生なのかもしれない。







先週の木曜日も恒例のワークショップトレーニングを行う。

今回はまなみちゃんという小学校4年生の女の子も参加してくれた。子供ってのはやっぱり凄いね、素直に楽しんで屈託のない笑顔を見せてくれるんだもの。

大人になると損得打算で感情が利己的な方に動く時もあり、それは自分自身も否めないし、自分以外の人の、そーゆー処に直面した時は戸惑いを隠すのが難しい。

他人は別に構わない、そーゆー人間とは何かを共同作業でやったとしても、その時で終わってしまうだろうから。しかし自分自身とは天命を全っとうするまでの付き合いだから、やはり自己嫌悪に陥らなければ自分の事を嫌いになってしまうような気がする。

邪念や邪推が根を張って前に進めない時もあったけれど、そんな時こそ自分が本当にやりたい事を再確認する良いタイミングなんだと。

別に特別ではない、それも人生なんだと今までの道のりで知った。




ワークショップトレーニングの方は、相原の指示の元にストレッチ、顔面体操、筋トレから。共有ゲーム、変わったエチュード、台詞など。

次回からはもっと実践的に進めてゆきたいので、みんなには、手渡したテキストの台詞を覚えてくるように言った。

生まれる感情、温度ある言動、具体的な行動、抑えきれない衝動。

日常の僕らは無意識に、それで生きているんだよね。

日常にたくさんのヒントがある。




5月公演『髪結う時』<再演>出演者オーデションの募集の締め切りが迫ってきた。
今日入れてあと4日だよ~!

まだまだ応募待っています!

詳細は↓↓↓だよ。
TOKYOハンバーグ5月公演【主演を含む】出演者オーディションのお知らせはこちらから!

TOKYOハンバーグ公式サイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。