スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一息。


現在、5月に再演する『髪結う時』の改稿中。

初演時に上演したものと、今回再演するものと、どのくらいの相違があるのか。原型を留めない程に大幅な変化をしてしまうとするならば再演ではないと思うし、だからといって初演時と変わりなく上演するのも、何だかなぁ~っといった感じがする。

ただ、再び観て頂ければ、また観に来て良かったと思って頂けるだろうし、初めて観る方には、観て良かったと思っていただける芝居になるのではないだろうか。

兎に角、もう一息で脱稿。

と言っても稽古に入れば、役者とのインスピレーションのやり取りで、若干の変更やカット、差し換えなどが出てくる可能性もある。

でも26日の顔合わせに間に合いそうだ。
その前に24日の明日はTOKYOハンバーグワークショップトレーニングの最終日!

はりきっていくよ!




漸く、キャスティングも決まり、ホッとしている。
この時期にいっしょに創作してくれる仲間たちに感謝だ。
公演詳細は、もうしばらくお待ち下さい。






TOKYOハンバーグ Produce Vol.9

『髪結う時』

作・演出/大西弘記
日程:2011年5月25日(水)~31日(火)
場所:千本桜ホール(学芸大学駅)

stage18967_1.jpg



今日と同じ事を明日も出来たのなら
少しの変化もなく無事に一日を過ごせた証のように思えて
こちらが変わりない日々を過ごすつもりでも
母の変化を止める事は出来ない

母と父が外に出ると、母はよく空を眺める
明るい内は雲の形や空の色、暗くなれば月の様子や星の輝き
母に見える雲の形は、あまりに父と違うので驚く
父には人の顔、母には開いた傘

母の不思議な感覚、若年性アルツハイマーのなせる業かは分からない
でも、それが母の個性なら、うらやましい感覚に思える時もある

たくさんの落し物の中から、ひとつ拾い上げた母の忘れ物
母と私の髪結う時。


2011年 初夏の侯
TOKYOハンバーグが織り成す、初の再演企画。

『心の栄養』をあなたへ

TOKYOハンバーグ公式サイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。