スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いとは。


稽古が終わり、寝ないまま始発で三重県伊勢市へ向かう。

9時半ごろ宇治山田駅へ着。

そのままアイティービーの木村さんと伊勢・安土桃山文化村へ行く。

実はこれから半年間、ケーブルテレビアイティービーのコミュニティーチャンネルで放送される短編コメディドラマ『テンドン』のシナリオを書く事になった。

そして文化村は一発目の撮影ロケ地で視察に行ってきた。

ドラマの方は、ハンバーグメンバーの相原、金重、正村も出演する。あと文化村で時代劇をさえれている役者が数名。こちらも観劇させてもらったけど面白い役者がいた。

伊勢にお住まいの皆様、乞うご期待!
詳しくは、またここで報告します。


そしてもう一つ、別の処からお仕事を頂けるようだが、こちらは確実に決まってから報告します。

伊勢文化村で午後まで過ごし、少し遅めの昼ごはんを兄が経営する喫茶店で。実家で書類などを確認、5月公演のチラシも確認。

寝ていなかったので早めに寝た。

一つも嘘を付かずに終わったエイプリルフール、この日頂いた仕事が嘘だよ~ってならないか、日付が変わるまでビクビクしてた。

次の日、それが今日。

母に何年ぶりだろう、お弁当を作ってもらい、夕方から始まる稽古のため、帰ってきた。

久しぶりに母が作ってくれたお弁当、美味しかった。








18時から稽古開始。

今日、キャスト全員そろった。

若干のアクシデントも良い方向へ流れていると思う。

読み稽古、それは声を出し読み合わせるだけではない。

この段階で、色々な事を発見して実感して、立ち稽古に入るまでの準備期間。


自分が役に歩みより、役との距離を知り、役の傍へ、それが役と出会うってこと。

知り合うじゃなくて、出会う。

出会うと、別れる時に、また会いたくなる、それが出会いだと認識している。

みんな、役と出会ってほしいね、俺らが出会ったように。


TOKYOハンバーグ公式サイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。