スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてを出し尽くすために。

昨日からTOKYOハンバーグ3ヵ月間ワークショップトレーニングを再開した。
前回は1月~3月で今回は6月~8月なのでR。

相原も元気よく参加していた。
どうやら、凄く緊張していたらしい。。。

今回も前回同様、役者として必要な能力を向上させるエクササイズ、声を出すということ、喋るということ、動くということ、呼吸をするということ、考えること、感じること、すること、しないこと、戯曲の読み方、エチュードなど、色々と寄り良くやってゆきたいと思う。

っで、俺が書いたテキストで男と女の二人芝居があるんだけど、今回の受講者はハンバーグの相原以外、すべて男!

なので、女性があと、1,2人くらい必要なんだけど、俺のブログを読んでいる人で、参加してみようかなぁ~って女性の人、いない?

今月は毎週木曜日やっております!

お問い合わせは↓↓↓まで!

info@tokyohamburg.com


昨日のワークショップトレーニングは初回という事もあり、早めに切り上げて親睦会。稽古場でのコミュニケーションも大切だけど、酒の席でのコミュニケーションも、そこそこ大切。

でも飲みすぎは注意だね。

ワークショップのレポートは相原や石原のダブル原コンビが細かくやってくれると思うのでチェックしちゃってください。

相原 奈保子の『ナオコノハコニワ』
石原友武の『ともさんとこ』

今の演劇界、舞台に立とうと思ったら簡単に立てる。
座組みや作品、演出家、共演者を選ばなかったら、なお更簡単。

ただ単に舞台に立ちたいという気持ちも、とても大切なんだけど、舞台の上で生きているかってこと。本当に芝居が好きな人は芝居を上手くなろうとする。でも自分が好きな人は芝居を上手くなろうとするのではなく、自分がどれだけ良く映るか、目立てるか、売り込めるかに必死になる。別にそれは悪い事ではないけどね。

本番に向けての稽古は、あくまでも本番に向けての稽古。じゃあ、その稽古を寄り良くするためには、どうしたら良いか、それは日頃のトレーニングだと思う。

どんな世界のプロだって、日頃のトレーニングを欠かさない。でも、とくに日本の演劇に関しては本番に向けての稽古しかしない人が多数だと思う。それを否定はしないけど、俺の考えとしては普段からトレーニングを積んだ方が、嘘っぽい芝居はしなくなると思うんだよね。

色々な処でワークショップやっているけど、2,3日の単発的なものが多い。それをきっかけに色々な事を気付けたら良いけど、大抵が気休めで終わる。

だから継続が大事だと思う。

例えばダンサーは、ちゃんと踊りを知らないと、本番に向けての稽古で踊る事すら出来ない。そこでちゃんと振り付けの踊りを踊れるように、普段からダンススタジオなどで色々なダンスのレッスンを受ける。

これを芝居する人で考えたら、どうかな?
知らない事だからけで舞台の上に立っても恥をかくだけじゃないかな?
情熱があるなら、まずは芝居を勉強しようと思うのが普通じゃないかな?
勿論、本番に向けての稽古でも本番でも勉強することはあるだろうけどね。

ハンバーグで出演する人たちでも、たまに顔合わせの時点で、勉強だと思って頑張りますって言う人がいるんだけど、観に来る人は勉強したのを観にくる訳じゃないからね。勉強ってのは他のところでやるもんであって、本番でやるもんじゃない。

本番が勉強や経験になったってのは、結果論だよ。
そして本番とは本気で勝負する場所であり時間でもある。

俺は、そう思うし、それと、いくら作品や演出が良くても、舞台に立つのは演者だから、そう考えるとやっぱり舞台は演者のものなんだよね。

だから演者のレベルを上げるためにTOKYOハンバーグはワークショップトレーニングを開始した訳で御座います。

自分で磨くスキルってのは死ぬまで新鮮を保つ事が出来る。

それは、はっきり言って自分次第。
良いも悪いも自分次第。

それに気付いた者だけが現実の中で自発的に歩めると思うんだよ。
トレーニングも稽古も本番も、日常も人間関係も人生そのものも。

人生死ぬまで勉強って言うけど、その通りだと思うし、その勉強と、上記で書いた勉強とは、同じ勉強という文字だけど、それでも意味や価値が違うってことは理解出来るよね、うん。

ちなみに俺は勉強が大嫌いな少年でした。
今は好きって訳じゃないけど、勉強しざるおえないんだなぁ。

何でかって言うと、勝負する時に、余力残すことなく、すべてを出し尽くしたいからです。


TOKYOハンバーグ公式サイト

コメント

  • 2011/06/11 (Sat) 12:48

    日頃のトレーニングと、何か掴んでやろうという学ぶ気持ち、大切ですね。僕も洋菓子という形あるもの造る上で沢山のライバルを見てアンテナ張って、学ばないとダメですね。死ぬまで勉強、好きな言葉です。

  • 2011/06/11 (Sat) 13:34
    Re: タイトルなし

    洋菓子職人ってかっこいいですね!

    そーいえば、相原へお菓子、ありがとうございました。

    本人もすごく喜んでいました♪

    • 大西弘記(TOKYOハンバーグ) #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。