スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れ


先日。

玉川を散歩している時に撮った
246号線の上にいる夕陽。

夕暮れ時は、いつも
ノスタルジックな感覚になる。


20110628182001.jpg





今日から7月で今年も半分が過ぎた。
そして俺は先月の終わりに、一つ歳を重ねた。

どんな33歳を過ごせるか楽しみだという時任せより、どんな33歳を過ごしてやろうか?という自発的且つ野心が燃えている。

昨日はTOKYOハンバーグワークショップトレーニングの日だった。

昨日はいつもより少ない人数だった。
改めてエチュードに比重を置き、そこで何を求められているのかを検証してゆく。

そしてテキストも最後まで読んでもらった。
こっちは、戯曲をどう読むかという事に関して色々と解説をした。
戯曲に書かれている事は、すべての一部。その一部がすべてに繋がる。

日本語で書かれている作物であるから、日本語を活用する自分たちならば読む事は簡単だ。然し、戯曲の根幹に描かれたことは活字としては表れていないので、そこを読む力が身に付くよう展開してゆきたい。

テンポだとか抑揚だとか見せ方とかは表面上の事、だが、それらを重視していれば成立は出来るのかもしれない、けど、やはり感情がほしい。

自分の中で稼動させた感情ではなく、相手からのエネルギーを受け入れて自然と生まれた感情。
それを追求するワークショップトレーニングにしたい。


明日は夜から釣りにゆく。
遊んでいる場合じゃないのかもしれないけど、たまには遊ばせてくれ。

いっぱいお魚釣れたら良いのにね!
ついでに可愛い女の子も釣りたいね!


TOKYOハンバーグ公式サイト

コメント

  • 2011/07/02 (Sat) 23:04

    表面上の演技だけではなく「感じ取る」感性が大事なんですね、なかなか難しいかも?ベッピンさん釣れるかな~?

  • 2011/07/03 (Sun) 20:50
    Re: タイトルなし


    飛梅さま

    本当に難しいけど、実は簡単だったりするんだと思います。
    普段、僕らは、そう生きているので。

    ベッピンさんは・・・

    • 大西弘記(TOKYOハンバーグ) #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。