スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言っておきたい。


二日間に渡る次回公演の出演者オーデションも無事に終わり、
キャスティングが決まりました。

オーデションから4名、週一のワークショップトレーニング受講者から5名、ハンバーグから3名の計12名で繰り広げる10月公演はTOKYOハンバーグ10回目の公演。

今回、揃った役者陣をみると、かなり面白い役者たちばかりだ。

あとは俺の本次第です。

正直、書く俺だって現時点ではどんな世界になるか予測不可能な訳です。
まあ、来年の今頃、世界はどうなっているか予測不可能ってのと同じです。

書けていない物を面白いですよ!というのは、観てもないのに批判するのと同じことで、何の説得力もないので、面白くなるよう書きますよっと、このくらいは言っておきたい。




TOKYOハンバーグ Produce Vol.10

『君の手のひらにある宇宙の気持ち』(仮) 

作・演出/大西弘記

10月25日(火)~31日(月)
会場:千本桜ホール(東急東横線学芸大駅徒歩1分)


2011年清秋の候 TOKYOハンバーグが織り成す、100年後物語。
僕らは生きていないけど、それでも地球は生きている。


詳しい詳細は、もうちょい待ってね。







今日は忘れちゃいけない日。

あの戦争を体験した人たちも、やがていなくなってしまう。、
僕たちは教えてもらったことを次世代に伝え続けなければいけない。


TOKYOハンバーグ公式サイト

コメント

  • 2011/08/07 (Sun) 00:40

    キャスティング決まりましたか~!百年後、想像できる事、できない事あるけど、ある漫画の中の台詞、人が死んだといえるのはいつか?心臓が止まった時でも脳が停止した時でもなく、誰からも忘れられた時だと。震災も戦争も一言でもいいから言葉にしなければならないですね。

  • 2011/08/08 (Mon) 10:30
    Re: タイトルなし

    >
    飛梅さま

    はい、キャスティング決まりました~!

    その台詞ではないけど、自分も師匠に似たようなことw10年くらい前に教えていただきました。
    人の命は二つある。
    一つは魂で、もう一つは人の記憶の中に。
    師匠は6年前に他界しましたが、僕の記憶の中で生きているんですね。

    然し、失わなければいけないなら仕方ないですが、
    失わなくても良いなら失いたくないですね。

    • 大西弘記(TOKYOハンバーグ) #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。