スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手な自論



役者という存在の【やりたいこと】と【やらなければいけないこと】というのは役作りの上で必ずしも一致しないと思う。

一致していれば何も問題なく、問題が無い中での、役に近づくための問題を発見して、段々と自分と役が出逢ってゆくのだと思う。

一致していない場合、【やりたいこと】が強いと【やらなければいけないこと】が煩わしくなり、段々と【やりたいこと】だけをやってしまう。

それは、自分思考で舞台の上に立っているという事になり、登場人物の人生を歩んでいるとは言えない。

登場人物の思考や感情や心情を探すこと、それを具現化させることが役者という存在の【やらなければいけないこと】だと思っている。

思考とはその人物の状況と心境から『今』をどうあるべきか考えること。
感情とはその人物の周りで起こっている事や他者から何らかの影響を受けた『今』を感じること。
心情とはその人物の心の中で『今』思っていること。

稽古中、思考、感情、心情という言葉を俺はよく使う。

日本語だからニュアンス的にはわかっているのだろうけど、そのニュアンスというのが曲(くせ)になる。ニュアンスとはあくまでもニュアンス。感情移入しろといえば、ただただ声を張り上げる、そんなのは感情移入ではない。

自分発信で進めなきゃいけない時もあるだろうけど、自分から発信するのなら、それを受信する相手がいるという事だ。自分から発信して相手が受信した時に相手はどんな顔をしている?どう感じたと思っている?そして何を言う?日常ではそれが当たり前で生活を送っている。そのことの思考は一瞬で回る。

芝居だと、その一瞬が回らない。何故なら、次に何を言うか、その次に自分は何を言わなければいけないのかを知っているからだ。

相手の発信を自分が受信した時に、何を思う?感じる?動く?それは相手の発信したモノをちゃんと受信しない限り、何も生まれてこない。ただ、用意された台詞を放つだけで終わる。

今回は徹底的に、そのことに拘りたい。
生命漲る登場人物たちを生命溢れる役者たちが演じるような。

ちなみに冒頭で書いた【やりたいこと】と【やらなければいけないこと】というのについて、どんな戯曲の登場人物をやるにしても、役者の【やらなければいけないこと】というのが【やりたいこと】という認識だと、その役者は登場人物の存在を探す。

これって自分が好きなのか、芝居が好きなのかっていう話にもリンクする。





何かを本気で取り組む時に、俺は今まで反省も後悔も必ず後からついてくるものだと思ってやってきた。反省はしても後悔はしないなんて、よく聞くけど都合の良い話だと思っていた。だけど今は、悔いは残したくない。余力を残したくない。すべて掻っ攫いたい。

そんな気持ちってわかるよね?




演劇サイトこりっちの観たい!コメントはココからどーぞ!

チケット予約はこちらから!(大西弘記専用フォーム)






TOKYOハンバーグ Produce Vol.10

百光年の詩 作・演出/大西弘記

10月25日(火)~31日(月)
会場:千本桜ホール(東急東横線学芸大駅徒歩1分)

チラシ表(中) チラシ裏中




人が病気になるように
星も病気になる。
そんな日が地球にやってきた。

人間たちは治療をしたけれど
海は枯れて、大地は荒れて、動物も植物も死んでいった。
やがて人間も生きる事が難しくなって
科学の力で宇宙空間へ移住した。

スペースコロニーでの新しい歴史。
赤く染まった地球から、遠い遠い宇宙の彼方へ。
気が遠くなるような時間が過ぎて
人類は宇宙生まれ宇宙育ちとなった。

そんな宇宙に百光年の詩が響く。
あまりに心沁みて、故に哀しくて。
誰かが言った。

あの詩は
地球という星から響いてくるのだと。


2011年清秋の候
TOKYOハンバーグが織り成す、SF・ロマンティックファンタジー100年後物語。


携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術!

■キャスト■
正村 徹
石原 友武
金重 陽平
(TOKYOハンバーグ)

小川 善太郎
菊地 理恵(アクロスエンタテインメント)
鍋島 久美子
光藤 依里(エアーズロック)
福丸 綾乃(企画演劇集団ボクラ団義)
酒巻 裕里
小泉 里於
朝戸 太將
篠田 知巳
南 利雄(フェイスプランニング)
降矢 由美子(エアーズロック)


■チケット■ ※発売日9月10日
1前売 3000円 
2当日 3500円 
3初日・平日マチネは割引/2500円(※千秋楽は除く)
4学生割引(高校生以下は2500円※要証明書)

■スタッフ■
音源/myan(81&清見 雄高)
舞台美術/さわたり ちひろ(さわたり組)
照明/松本 雅文(ライトスタッフ)
音響/香田 泉
舞台監督/宮浦 修二(ナマイキコゾウ)
宣伝美術/佐藤 圭三(ago co.,ltd)
宣伝映像/TETSU
宣伝写真/ありせ さくら
WEB宣伝/絵心 -kaishin-
制作/相原 奈保子(TOKYOハンバーグ)
カンパニースタッフ/土屋 士
企画・製作/TOKYOハンバーグ

TOKYOハンバーグ公式サイト

コメント

  • 2011/10/05 (Wed) 18:11

    昨日は申し訳ない!

    まだ熱が下がらないのよ。
    毎年この時期はどうも調子が悪くなる。
    金曜日まで仕事は休みを入れちゃいました。 

    今日のブログはとても勉強になりました。


    変なこと云わとなかった信じてます。
    (^^)V

  • 2011/10/05 (Wed) 18:32
    Re: タイトルなし


    お母さん

    自分の母親かと思ったじゃないですか!?

    降矢さんだったんですね~
    一瞬、誰だろうと考えちゃいましたYO

    早く良くなって下さいね♪

    • 大西弘記(TOKYOハンバーグ) #-
    • URL
    • 編集
  • 2011/10/06 (Thu) 14:38

    マークトゥエインも言ってますよ。「20年後、あなたはやったことより、やらなかったことに失望する」って。

    連絡遅れてますが、まだ予定が立ちません、スミマセン。

  • 2011/10/10 (Mon) 16:22
    Re: タイトルなし

    kaseさま

    マークトゥエインは何かをやらなかったことで失望する出来事があったんですかね?

    連絡はいつでも構いませんよ~♪

    • 大西弘記(TOKYOハンバーグ) #-
    • URL
    • 編集
  • 2011/10/11 (Tue) 12:18

    ウ~ン、どうなんでしょうか? 残念ながらマークトゥエインとの付き合いが無いので、詳細はわかりません。(笑)

  • 2011/10/12 (Wed) 12:01
    Re: タイトルなし

    kaseさま

    同じく!
    結局、時間なさげですか?
    本番までお楽しみってのも、たまには良いかも^^

    • 大西弘記(TOKYOハンバーグ) #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。