スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限られていること、限りないこと。


昨日は久しく何もない休日だったのでmyanのヤッチ君と男2人で箱根の温泉に日帰りで行ってきました。車だと一時間ちょっと走って箱根なんですね、結構近い。

温泉、良かったです。
良い休日でした。リフレッシュです。

ヤッチ君と公私共に仲良くやっております。
良き相談相手とも言うべき人です。

あ、俺たち、アレじゃないよ、本当だよ。
まあ、別に疑われても構わないけど。

さて、ヤッチ君は今回も劇中に挿入する音源も作ってくれています。
myanはヤッチ君と清見君の2人で、いつも最高の音源を作ってくれます。

一つの作品を上演するにあたり、色々な処で様々なスタッフさんたちが動いてくれています。芝居を創るというのは稽古場だけではないということです。

だけど舞台に立つのは役者だけ。

その役者の芝居を更に違う角度から盛り上げるのがスタッフさん達なのです。

舞台装置、照明、音源BGM 音源SE、演出、台本、制作、宣伝、写真、映像、など他にも本当に色々な面から役者を支えているのです。

それを知っているのと知っていないのとでは、その公演に対しての取り組み方は変わってくると思います。




一昨日は初の通し稽古でした。

あまりにもダメを取る事が多くて、途中でダメを取るのをやめました。

でも、別にいいのです。

俺はダメが無くなることの方が怖いと思うので。

そして、また頭から丁寧に小返しで当たるだけです。

演出の仕事、それは芝居を立体化させるだけではないように最近は思います。

どれだけ役者の心を燃やすことが出来るのか、どれだけその気にさせることが出来るのか、そーゆー事も演出の仕事なのかもしれません。

高次の意識を知っている人もいれば、そうでない人もいる。

プロデュース公演であり限り、色々な畑で育った人が集まり、育った環境、教わった事などにも相違があって当然。

それをまとめるのは簡単ではないけれど、難しくもない。

でも、どんな環境であろうとも、その場に何をするために来ているのか、その場でやっている事が、何に繋がるのか、それはその場に集まることの本質でもあると思うのです。

そんなことを感じる稽古でした。



時間は限られています。

限られているのは時間だけではありません。
生活だって限りがあります。

でも、限りないこともあります。
それは情熱と感情です。
そこに限界はありません。

そうやって今日まで歩んできたし、これからも、
そうやって歩いてゆくしかないのです。

限りを感じたとき、そんな時が自分に訪れるのか、それは誰にもわからない事だけど
今はまったく予想も予感もないし、ただただ自分の歩むべき道を一歩一歩と進むだけです。






TOKYOハンバーグ Produce Vol.10

百光年の詩 作・演出/大西弘記

10月25日(火)~31日(月)
会場:千本桜ホール(東急東横線学芸大駅徒歩1分)

チラシ表(中) チラシ裏中




人が病気になるように
星も病気になる。
そんな日が地球にやってきた。

人間たちは治療をしたけれど
海は枯れて、大地は荒れて、動物も植物も死んでいった。
やがて人間も生きる事が難しくなって
科学の力で宇宙空間へ移住した。

スペースコロニーでの新しい歴史。
赤く染まった地球から、遠い遠い宇宙の彼方へ。
気が遠くなるような時間が過ぎて
人類は宇宙生まれ宇宙育ちとなった。

そんな宇宙に百光年の詩が響く。
あまりに心沁みて、故に哀しくて。
誰かが言った。

あの詩は
地球という星から響いてくるのだと。


2011年清秋の候
TOKYOハンバーグが織り成す、SF・ロマンティックファンタジー100年後物語。


携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術!

■キャスト■
正村 徹
石原 友武
金重 陽平
(TOKYOハンバーグ)

小川 善太郎
菊地 理恵(アクロスエンタテインメント)
鍋島 久美子
光藤 依里(エアーズロック)
福丸 綾乃(企画演劇集団ボクラ団義)
酒巻 裕里
小泉 里於
朝戸 太將
篠田 知巳
南 利雄(フェイスプランニング)
降矢 由美子(エアーズロック)


■チケット■ ※発売日9月10日
1前売 3000円 
2当日 3500円 
3初日・平日マチネは割引/2500円(※千秋楽は除く)
4学生割引(高校生以下は2500円※要証明書)

■スタッフ■
音源/myan(81&清見 雄高)
舞台美術/さわたり ちひろ(さわたり組)
照明/松本 雅文(ライトスタッフ)
音響/香田 泉
舞台監督/宮浦 修二(ナマイキコゾウ)
宣伝美術/佐藤 圭三(ago co.,ltd)
宣伝映像/TETSU
宣伝写真/ありせ さくら
WEB宣伝/絵心 -kaishin-
制作/相原 奈保子(TOKYOハンバーグ)
カンパニースタッフ/土屋 士
企画・製作/TOKYOハンバーグ

TOKYOハンバーグ公式サイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。