スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオ入りしたYO


さあ、スタジオに入った。

朝から登戸にあるTOKYOハンバーグのコンテナにパネルやパンチ、小物を取りに金重と。
スタジオに先入りしている正村、石原と合流したのは12時過ぎ。つまり俺と金重がスタジオに到着した時間。

スタジオは初めて活用する所で、凄く気にいった。
秘密基地的な感じがしてワクワクしたね!

持ってきた物を降ろし、すぐに車を返しに。
16時くらいから抜きで小返し稽古。

18時半くらいから舞台監督の宮くん、照明の松本さん、音響の泉さんが入る。
今回はSEのQが多いので音響をメインに稽古を全体を当たる。

不思議と色々な事が生まれた。
今日、付けくわえた事は全部、その瞬間に生まれた。

迷わずに演出も変えてゆく。

それでも、まだまだ足りなシーンばかりだ。
もっともっと骨格をはっきりと構築したい。

スゲーのを創りたい。

もう、ホント、それだけだよ。

明日だけ全体稽古が18時から。
明後日から終日に入る。

自分の本当にやりたい事、その事だけにすべてを費やせる尊い日々。
今回のメンバーたち、色々とひっくるめて最高のメンバーたちだよ。

もっともっと面白くなるぞ!
今日は、しっかりと手応えを感じた。

ってか、もう疲れて瞼が重い。
ご飯食べる時間なくてお腹減ったけど、我慢して寝るよ、おやすみなさい。





TOKYOハンバーグ Produce Vol.10

百光年の詩 作・演出/大西弘記

10月25日(火)~31日(月)
会場:千本桜ホール(東急東横線学芸大駅徒歩1分)

チラシ表(中) チラシ裏中




人が病気になるように
星も病気になる。
そんな日が地球にやってきた。

人間たちは治療をしたけれど
海は枯れて、大地は荒れて、動物も植物も死んでいった。
やがて人間も生きる事が難しくなって
科学の力で宇宙空間へ移住した。

スペースコロニーでの新しい歴史。
赤く染まった地球から、遠い遠い宇宙の彼方へ。
気が遠くなるような時間が過ぎて
人類は宇宙生まれ宇宙育ちとなった。

そんな宇宙に百光年の詩が響く。
あまりに心沁みて、故に哀しくて。
誰かが言った。

あの詩は
地球という星から響いてくるのだと。


2011年清秋の候
TOKYOハンバーグが織り成す、SF・ロマンティックファンタジー100年後物語。


携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術!

■キャスト■
正村 徹
石原 友武
金重 陽平
(TOKYOハンバーグ)

小川 善太郎
菊地 理恵(アクロスエンタテインメント)
鍋島 久美子
光藤 依里(エアーズロック)
福丸 綾乃(企画演劇集団ボクラ団義)
酒巻 裕里
小泉 里於
朝戸 太將
篠田 知巳
南 利雄(フェイスプランニング)
降矢 由美子(エアーズロック)


■チケット■ ※発売日9月10日
1前売 3000円 
2当日 3500円 
3初日・平日マチネは割引/2500円(※千秋楽は除く)
4学生割引(高校生以下は2500円※要証明書)

■スタッフ■
音源/myan(81&清見 雄高)
舞台美術/さわたり ちひろ(さわたり組)
照明/松本 雅文(ライトスタッフ)
音響/香田 泉
舞台監督/宮浦 修二(ナマイキコゾウ)
宣伝美術/佐藤 圭三(ago co.,ltd)
宣伝映像/TETSU
宣伝写真/ありせ さくら
WEB宣伝/絵心 -kaishin-
制作/相原 奈保子(TOKYOハンバーグ)
カンパニースタッフ/土屋 士
企画・製作/TOKYOハンバーグ

TOKYOハンバーグ公式サイト

コメント

  • 2011/10/18 (Tue) 22:26
    テンション[e:29]!

    そっか!劇場じゃなくスタジオ入りなんですね!違う構想も出てきてテンションも揚がってきてますね!僕もTwitterやブログ見る度、気持ちは東京に向かってます!ε=ε=┏( ・_・)┛

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。