スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きている証。


前にもブログで書いた事。

役者の【やりたいこと】と【やらなければいけないこと】というのは、役者が演じる人物の立体化の過程で、必ずしも一致しない。

一致していれば何も問題なく、問題が無い中での、人物に近づくための問題を発見して、段々と自分の演じる人物が見えてくるのだと思う。

一致していない場合、【やりたいこと】が強いと【やらなければいけないこと】が煩わしくなり、段々と【やりたいこと】だけをやってしまう。

それは、自分思考で舞台の上に立っているという事になり、登場人物の人生を歩んでいるのではなく、自分の人生を歩んでいることになる。

登場人物の思考や感情や心情を探すこと、それを具現化させることが役者の【やらなければいけないこと】だと、俺は思っている。

思考とはその人物の状況と心境から『今』をどうあるべきか考えること。
感情とはその人物の周りで起こっている事や他者から何らかの影響を受けた『今』を感じること。
心情とはその人物の心の中で『今』思っていること。

日本語だからニュアンス的にはわかっているのだろうけど、そのニュアンスというのが曲(くせ)になる。ニュアンスとはあくまでもニュアンス。感情移入しろといえば、ただただ声を張り上げる、そんなのは感情移入ではない。

喜怒哀楽という言葉がある。然し、人間の感情は、その4つだけではない。喜怒哀楽の四文字の間に無数の感情がある。もっといえば、喜怒哀楽の【喜】にも無数の【喜】がある。他の怒哀楽も同じだ。

無数の感情には、無数の理由がある。
その理由を探る事、近視眼的にではなく、深層心理の面から探ってほしい。

自分発信で進めなきゃいけない時もあるだろうけど、それにも理由がある。そして自分から発信するのなら、それを受信する相手がいるという事だ。自分から発信して相手が受信した時に相手はどんな顔をしている?どう感じたと思っている?そして何を言う?日常ではそれが当たり前で生活を送っている。そのことの思考は一瞬で回る。

芝居だと、その一瞬が回らない。何故なら、次に何を言うか、その次に自分は何を言わなければいけないのかを知っているからだ。

相手の発信を自分が受信した時に、何を思う?感じる?動く?それは相手の発信したモノをちゃんと受信しない限り、何も生まれてこない。ただ、用意された台詞を放つだけで終わる。 今回も徹底的に、そのことに拘りたい。

生命漲る登場人物たちを生命溢れる役者たちが演じるような。

ちなみに冒頭で書いた【やりたいこと】と【やらなければいけないこと】というのについて、どんな戯曲の登場人物をやるにしても、役者の【やらなければいけないこと】というのが【やりたいこと】という認識だと、その役者は登場人物の存在を探す。

これって自分が好きなのか、芝居が好きなのかっていう話にもリンクする。

自分は、どっちなのか?その事にすら気付いていない演者も演劇界には多い。自分を認識することは自分の方向性や可能性を見出す要素にもなるのではないかと思う。

心とは目に見えないものだ。どれだけ演者が、自分は心で演じていると言っても、果たして、その心が客席にいる人間に見えるのか?見えていなくとも、自分は心で演じているんだと開き直るのか?見えないと言われたら見えない人間が悪いとでも言うのか?それとも自分の非力を痛感するのか?



現在の稽古。

演出的に段々と踏み込んでいる。
演者たちに色々と問う。

納得しているか、ではなく、認識しているかを問う。勢いなんかで芝居をしてほしくない。いや、勢いも大事だけど、もっと大事な事がある。それを言葉にするのは簡単。だからしない。

俺は余力なんか残したくない。
今までに培ったすべてを費やしたい。
演者たちにも、それを求める。

無いものは出ない。
あるものしか出ない。
然し、あるものも出せないのなら、それはせつない。
あるものを出し切った時、無いのもを、やっと得る。

それが成長だと思っている。

俺は演者たちをリスペクトしている。
だからこそ、本気で向き合う。
彼らが、俺をどう思っているのかなんて考えない。
俺が彼らをどう思っているのか、そこに比重を置いている。

ほんの少しだけ、本当にほんの少しだけ、やっと演出というものが、わかってきた気がする。

やりたいだけじゃ出来ない。
理解していないと。
演出とは、何をする人なのか、認識していないと。

散々、やりたい放題にやってきた。
それを見守ってくれる人たちがいるということを知った。
そして、応援してくれる人、俺を信じてついてきてくれる人がいるということ。

その支えの上で俺は生きている。
うん、俺は生きているんだよ。

温度がある。

『愛、あるいは哀、それは相。』にも温度を吹き込む。

それが俺の精一杯の生きている証。





【速報】
8月公演TOKYOハンバーグProduce Vol.12のオーデション情報です!2週間のロングランやります!

演劇サイトこりっちで『愛、あるいは哀、それは相。』に観たいでコメントしてくれた皆さんありがとう!皆さんのコメントが俺らの活力源!



TOKYOハンバーグProduce Vol.11
◆ワーサルシアター提携公演◆

、あるいは、それは

作・演出/大西 弘記
2012年3月27日(火)~4月2日(月)
ワーサルシアター(京王線八幡山駅より徒歩1分)



【出演】
相原 奈保子 正村 徹 金重 陽平 石原 友武 土屋 士(以上TOKYOハンバーグ

新妻 さと子(タートルプランニング) 光藤 依里(エアーズロック) 
宮浦 修二(ナマイキコゾウ) 菊地 理恵(アクロスエンタテインメント) 
朝戸 太將 富 真道(ULPS) 西村 舞子

表1 裏1

白が少し濁った空の下。
海風が頬を突き刺すほどに冷たい、其れほど強くはないのに。人の声が聞こえる。叫ぶ声、嘆く声、呼ぶ声、泣き声、金切り声。それらが白い息となって飛び交う、が然し、沖からやってくる狂瀾怒濤の津波がすべてを飲み込んだ。船、家、車、電信柱、草も木も、地上に在るものすべてを。人をも掻っ攫い、地形をも変形させ、街が流される鳴動で人の声が掻き消されてゆく。轟々と流動する黒い海水、無造作に鳴り響く車のクラクション、流された家々の破砕する悲鳴、残酷な音となり、時と共に流れゆく。

のがれた群衆。
誰かといる者はしがみ付き合い、一人の者は茫然と立ち尽くして天を仰ぎ、其々が目の前で起こっている現実を為す術なく眺めている。三姉妹が息を切らして立っている。寒さと理性を忘れ、命からがら高台へ駆け登ったのだ。彼女たちは生き残った実感と失った哀感の混沌の中でいつまでも泣いていた。白が少し濁った空の下で 、いつまでも。


2012年桜の頃
あの日から1年の月日が流れた喫茶ホットラインの珈琲物語。



【タイムテーブル】

≪携帯からの予約はこちらどうぞ≫


CoRich舞台芸術!
■3月27日(火)、28日(水)14:30、30日(金)14:30は特別料金(前売:2.500円、当日:3.000円)でご覧頂けます。

【チケット料金】発売日2012/2/10(金)
1前売/3000円
2当日/3500円
3初日・平日マチネ割/2500円
4学生割引(高校生以下は2500円※要証明書)

【劇場】
公演会場/ワーサルシアター
会場住所/杉並区上高井戸1-8-4 Toyaビル.3 B1F
TEL&FAX/03-6310-6683

【スタッフ】
音源/清見 雄高 舞台美術/さわたり ちひろ(さわたり組) 照明/吉嗣 敬介 
音響/福西 理佳 舞台監督/武居 新一郎(和装演劇集団張り子の虎) 宣伝美術/佐藤 圭三(ago co.,ltd) 宣伝映像・チラシ表面写真/正村 徹(TOKYOハンバーグ) 宣伝写真/ありせ さくら WEB宣伝/絵心 -kaishin- 制作/千葉 亜弓 企画・製作/TOKYOハンバーグ

【協力】
喫茶ホットライン ワーサルシアター 宿 行政事務所 ナマイキコゾウ ULPS (有)エアーズロック (株)ライズプランニング (株)タートルプランニング (株)アクロスエンタテインメント

【協賛】
小林農産

【お問合せ】(TOKYOハンバーグ)
TEL:090-5807- 3966
MAIL:info@tokyohamburg.com





TOKYOハンバーグ公式サイト<div class=

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。