スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたに今夜のお月さまが見えますか?



この広い世の中の至るところに、
自分が想像出来ない事件や出来事が転がっているんだと思う。

わかんないけど。

でも、想像出来ない事件や事故が
沢山転がっているんだろうなって事は想像が出来る。

想像が出来なかった事に遭遇した時、
自分はどんな風に思い、
考えるんだろうって事も想像が出来ない。

だって、その想像は具体的じゃなく
漠然としているからさ。










1年後の自分を想像してみる。

何をしているんだろう?
どんな戯曲を書いているんだろう?
誰といるんだろう?
何に興味を持っているんだろう?
何を好んでいるんだろう?
誰に恋をしているんだろう?

1年って時間じゃあ、そんなに変わらないって、いつも思う。
だって未来を想像する時に、いつも同じ時間だけの過去を思い返すから。

1年前の俺は『髪結う時』の稽古の真っ最中だった。
色々な事を抱えながらの稽古の日々だった。
例えば、自分の選択は正しかったのかとか。


そして現在。
同じような事を考えながら、執筆に取り組んでいる。
そして、信用と信頼の相違ってのを考えている。

信用ってのは相手を受け入れるってことで、信頼ってのは相手に頼るってこと。
大事なのは、相手ってところ。

受け入れる事が出来る相手、頼れる事が出来る相手。

昔、凄く裏切られたって思っていた時期があったんだけど、今は別に何とも思っていない。寧ろ、相手はその時、どんな風に思っていたんだろう?もしかして俺と同じことを思っていたのかもって思うようになって、それから段々と無関心になっていた。

何だかトリトメモナイ話になってきちゃったけど、まあ、いいか。

誰かの行動や発言、思っている事や考えている事に、
それはどうかなって思う時がある。

でも、それに対して、あまり言うのはよくないなって思うようになった。

よくよく考えたら、俺の考えがすべてではないし。
その人が、それで幸せなら、言う事ないし。

幸せってのも考えてみた。

幸せって何だろう?
お金があること?
身分があること?
美味しい物を食べること?
充実していること?
安定していること?
色々な欲求を満たすこと?
恋があること?
愛を抱えること?


人はみんな幸せになりたい。
勿論、俺も。

これはあくまでも俺の考えなんだけど、俺が幸せになるために、誰かの幸せが犠牲になっているのなら、それって本当に幸せなんだろうかって思ってしまう。


人間は忘れる事によって同じ過ちを繰り返す。
それは戦争や原発や、そんな大きな事だけじゃない。

生活レベルの中でも、人を傷つける事や、欺く事とか他にもいっぱいあるのかもしれないけれど、その時の自分の状況や心境で、やっぱり自分本位でしか考えたり感じたりが出来なくなってしまうのかもしれない。


ここ最近、自分の意思で色々悩む事を選んでいた。
あることは決めて、あることはまだ悩んでいて。

最終的に、考えるのは、俺本意になっていないか。
そこを考える。
どんな事に対しても。
出来るだけ考える。

悩む事は苦しいかもしれないけれど、悩む事を諦め、流れに身を任す事はしたくないんだ。

あ、別に悩んでいます苦しんでいますアピールじゃないよ。
そんなアピールするくらいなら、もっと上手にするさ、俺、物書きだし。





1年後を想像する夜。

外は雨。

でも、結構、雨の音が好き。

雨が降る夜空。

雲の向こうには白く輝くお月さまがいるのに、雲が邪魔して見えない。

雲の向こうで、お月さまはちゃんと輝いているのに、

見えないと、

みんな、

お月さまがいないと思っちゃう。

ちゃんと輝いているのに、見えないと不安になっちゃう。

俺も見えないけど、でも、想像は出来るよ。

今夜のお月さまを。



TOKYOハンバーグ公式サイト<br /><div class=

コメント

  • 2012/05/08 (Tue) 21:20

    6年前の僕は舞台に関心なんて無かった。5年前の僕は東京まで行くなんて思わなかった。そして今、年数回の東京行きを楽しみにしてる自分がいる。この巡り合わせに感謝したいです。

  • 2012/05/15 (Tue) 01:49
    Re: タイトルなし

    飛梅さん

    僕も飛梅さんが、わざわざ神戸から毎回ハンバーグの芝居を観に来てくれるの、本当に嬉しいです。
    いつも、ありがとうございます。

    • 大西弘記(TOKYOハンバーグ) #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。