スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただただ純粋に。


今日も一日が終わったという感じ。
毎日のように行われる稽古は、順調とは言えないが、それなりに前に進んでいる。

日付も変わり、昨日は『口紅を初めてさした夏』の稽古だった。
やっと全部のシーンの荒通しが終わり、次回からは抜き稽古に入る。

俺は、とっても細かいので、中々前に進めないのは想定内。
ただただ、丁寧にその瞬間の描写を具現化したいだけなのだ。

口紅の初演時を観てくださった方は存じているだろうが、この作品は子どもが出てくる。

蓮って名前の少女だ。

この蓮って役を、斉藤花菜ちゃんが今回は演じる。
小学校5年生なのだ。

彼女は、大人の中に交じり、彼女なりに作品と向き合おうとしている。
多分、今まで出てくれた子役の中で、俺に一番優しくされていない。
共演者も、大西は花菜ちゃんに厳しいなって思っていると思う。

彼女は、とても感性が良い。
今まで見てきた、子どもたちよりも、ずば抜けている。
だから俺は優しくしない。

でも、まだまだ、その感性は、未完成であり、俺は開花させるために、言葉を選び、接し方も工夫して、彼女と話をする。きっと、怖いオッサン、いや兄ちゃんだと思っていると思う。

俺は、気に入られたいなんて、これっぽっちも思っていない。
別に嫌われても構わない、彼女が舞台上で躍動的に存在するのなら。

花菜って名前、素敵だと思う。

小さな花が咲き誇るのを俺は楽しみで仕方がない。



もうひとつの作品『夏の終わりを告げた手紙』は、今日行うはずの稽古が中止になった。
前回の中止は俺の執筆。今回は俳優のNGがあって、稽古が出来ない訳だ。

俺は、全然平気。俳優たちは少しでも稽古をしたいだろうけど。
無暗に稽古を重ねても、それは気休め。だから一回一回の稽古を丁寧に積み重ねてゆくしかない。

俺は、それを求める。
如何に丁寧に出来るかだ。

今月の24日から劇場入り前日の7月29日までスタジオでの稽古に入る。
一か月以上のスタジオ稽古。

小劇場では、あまり聞かないよね。
金の問題だけれど、意識の問題でもある。

24日から、両方の座組みの稽古を毎日行ってゆく。
バランスを考え、一日で、両方行う日もあれば、午後、夜間と別れて行う日もある。
でも、俺は毎日稽古。

こういう環境に自分をおいてみたかった。
ハンバーグ創った頃に考えていたことが現実になる。

考えてみれば6年目。

背伸びをして、やっと届いた現実。
俺は自分と向き合い、闘うだけ。

他人が、どうあるかなんて、どうでもいい。
俺が、どうあるかが大切なだけ。

心の奥に問いかけると、いつもちゃんとした答えがある。

逃げ道は作らない。
楽な方には進まない。
身の程をいつも痛感する。

純粋に、ただただ純粋に演劇と向き合いたい。


二つの作品。
俺が描く意味と意義を抱いて上演するんだよ。
この二つじゃないと、今はダメなんだってところで。
他のじゃダメ、この二つじゃないと。

この気持ち、わかるかな?









201208チラシ表1 201208チラシ裏1



『口紅を初めてさした夏』(大西弘記専用)

携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術!


『夏の終わりを告げた手紙』(大西弘記専用)

携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術!



TOKYOハンバーグ公式サイト<br /><div class=

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

今日も一日が終わったという感じ。毎日のように行われる稽古は、順調とは言えないが、それなりに前に進んでいる。日付も変わり、昨日は『口紅を初めてさした夏』の稽古だった。やっ...

  • 2012/06/23 (Sat) 07:06
  • まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。