スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスト紹介。


DSC (13)
吉村玉緒

TOKYOハンバーグ初出演。玉緒さんと出会ったのは、数年前にある劇団の制作をお手伝いした時でした。独特の空気を持った女優という印象が強かったです。玉緒さんも俺のことを憶えていてくれたみたいで、オファーしたら出演してくれる事になりました。『口紅を初めてさした夏』の真知子役を演じました。玉緒さんは安定感の無い人です。然し、不安定の中に優しさがあるというか、温もりがあるというか、上手く言えないのですが、観る側を惹きつける力を持っています。スタジオでの稽古の時は、俺よりも早く稽古場に来て、一人で稽古をしていることが多かったです。何回積み重ねても良くなってゆかない時もありましたが、そのことについては玉緒さん自身が自分と向き合っているんだということを感じました。私、不器用だって初めて思ったっと仰っていました。ああ、そうか、そういう形で新しく自分を知るのは、大きな成長の糧になるんだろうなと思いました。



DSC (120)
相原奈保子

TOKYOハンバーグメンバー。俺の作品に出演するのは6本目。そして今回は『夏の終わりを告げた手紙』の真知子役を演じました。相原のことについては、前回公演のキャスト紹介でもガッツリ書いているので、今回は軽く。彼女の演劇に対するスタンスは本当に素晴らしいです。どうやら相原はミュージカルをやりたいそうです。考えてみれば、ミュージカル出身で何故かTOKYOハンバーグへ。ハンバーグにいてもミュージカルに出る事を俺は否定しないし、寧ろ、頑張ってほしい。相原なら、どこにいっても皆から愛されると思います。




TOKYOハンバーグ公式サイト<div class=

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。