スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓を開けると


『贅沢なことやっていますね!』

『え?なにが?』

『コンビニで買ったブロックアイスで麦茶を飲むなんて』

『・・・』


TOKYOハンバーグメンバー石原友武との電話での会話。そうか、ブロックアイスで麦茶を飲むのは贅沢なことなのか、俺は普通のことだとおもっていたよ、友武よ。

石原は8月の公演に出なかった。多分、来年の3月に予定している公演にも出ないだろう。でも、カンパニースタッフとして色々と手伝ってくれるそうだ。

数日前にハンバーグを退団した金重と会った。住区センターのカードを預けっぱなしにしていたので金重の自宅近所まで取りにいった。相変わらず元気そうでなにより。なによりも、8月公演では役作りのため、髪の毛を伸ばせと言ったから、金重は坊主にしたいのを我慢して伸ばしていたから、てっきり坊主にしているだろうと思ったら、伸ばしっぱなしで俺の前に現れた。

『どうせ、長い方が評判いいんだろ?』

『わかります?うしししし』

そういえば同じくハンバーグを退団した相原からメアドを変えたと連絡があった。どうみてもメアドに活用している単語のスペルが抜けているような気がしたがスルーしておいた。スマホに変えたらしく難儀しているらしい。

『最新機種にてんてこ舞いですo(T◇T)o』

『スマホは滑らせえろ!』

『o(T◇T)o』

『タッチで画面を滑らせるのさ!』

そんなやり取りをメールでした。
どうやら、こっちも元気なようだ。

正村とはちょくちょく会っている。来年3月に上演する公演の打ち合わせを二人で進めている。土屋は11月に控えるツチプロ公演で頭の中がいっぱいのようだから、なるべく俺と正村だけで企画を練る事にした。

ツチプロといえば、俺が演出をするんだけど、先日プレ稽古をした。プレ稽古って何かわからないけど、土屋のブログにプレ稽古って書いてあったから、プレ稽古なんだと思う。

この話を持って来た時、土屋は俺に『最高のアウェイをプレゼントする』と言っていた。まだ一回しか稽古していないし、スタッフミーティングも舞台監督さん、舞台美術さん、照明さんとやったけど、俺的には、まったくアウェイという感じがしない。ホームって感じでもないけれど。ハンバーグでは主宰、劇作家、演出家としての立場でメンバーや客演さん、スタッフさんと接するけれど、今回は演出家という立場だけで良いので、思ったより楽なのかもしれない。

ただ、上演作品を書いた劇作家の菊池寛と岸田國士は俺が研究所時代に学んだ劇作家であり、俺は二人の作品で育った。俺の戯曲のこーゆーところは岸田國士っぽい、あーゆーところは菊池寛っぽい、などと俺自身が勝手に思っていることも多々だ。だから、二人の作品を演出するというところに俺は苦労するのだと思う。

原点回帰。

どうやら、俺がTOKYOハンバーグで培ったことを本気で発揮する時がやってきたようだ。でも、結局のところ、丁寧に演出してゆくだけなのかもしれない。

3月に上演する作品の題材というか、テーマというか、そういう根幹的なところが、ほぼ生まれた。あとはプロットを書き、戯曲するという作業。

ツチプロと同時進行で丁寧に書いてゆこうと思っている。まだ何も書いてないからアレだけど、でも現時点でわかっていることは、俺の代表作になるということ。



外は雨。
窓を開けると、涼しい夜風と静かな雨音が聴こえてくる。
過去を思い出し、未来を想像して、今を大切にしたい、今を。

TOKYOハンバーグ公式サイト<div class=

コメント

  • 2012/09/23 (Sun) 19:10

    皆さん、それぞれの道へ動き出してますね、変化を恐れてちゃ何も変わらないけど帰る原点は大切ですね。改めて自身の原点を考えてみる今日この頃です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。