スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKYOハンバーグ第十七章 『へたくそな字たち』


過ぎ去りし日々のことをいつまでも思っている。
TOKYOハンバーグを作って今月で8年になり、色んなことがあった。

今日、初日。

8年の間に、16回の今日を迎え、明日になれば17回になっている。然し、こんなにもグッスリ眠れた初日前夜はなかった。

過ぎ去りし日々のことをいつまでも思っている。
嬉しかったことも喜びも、悔しかったことも哀しみも。今となっては、すべてが思い出になり、そして今回も大切な思い出に変わってゆくのだろう。だからこそ、過ぎてゆくと知っているからこそ、思い返した時に、いつまでも色褪せない今日を過ごしたい。

ありがたい事に初日の今日は満席です。明日と明後日も、ごくわずかしかチケット残っていません。それ以降は、まだまだ余裕がありますが、是非、お早目のご予約をお待ちしております。

きっと、誰かの心に沁みてゆく、そんな芝居が今日から16日まで新宿サンモールスタジオで観れます。



今日は二人の紹介です。
こちらの二人には大きな共通点があり、それは過去に、学校の先生をやっていたということです。


【小林英樹】
DSC_9531.jpg
TOKYOハンバーグ3回目の出演の小林さん。年齢は俺の2つ上で、兄的な存在でもある。とてもひょうきんな面があり、ストイックな面もあり、笑顔が絶えない。誰とでも仲良く出来て、誰にでも優しく接して、誰であろうとも間違っていると思うのなら、笑顔から強い漢の眼差しになる。凄くフットワークが良くて、よくあんなにも身体が動くな~っと思っていたら、体育の先生だったんです。あと、もう一教科、何だったけな?社会だったか歴史だったか。でも、本当に先生という感じで、ハンバーグにいる時は若い衆が、みな、小林さんを頼り、慰めてもらい、明日に立ち向かうエネルギーを貰っているようです。今回の役では、先生ではなく、生徒ですが、とても良いんです。彼のあるシーンに、俺はいつも心を奪われます。

【宮村ともこ】
DSC_9620.jpg
宮村さんも三回目の出演で、今作品の初演時にも出て下さっています。でも、初演時にやっていただいた役ではなく、違う役で奮闘していますが、それがもうピッタリな役で、最高に面白いんです!いつも俺は演出席でそのシーンがくるのを楽しみに待っています。今回は本当に宮村さんの力を見せてもらい、学ばせても頂き、また一緒に芝居が出来て本当に嬉しいです。そして、え?宮村さんって天然なの?という時がたまにあって、それがまた可愛いんです。こういう大人になれたら素敵だなと思うんです。宮村さんのことを俺は『かーちゃん』と呼んでいます。いつからかな?結構前からそう呼んでいます。なんだか、そう呼びたくなる温もりを、心の奥に持っていて、きっと俺はそれに温めてもらっているんだと思います。


PVパート2


PVパート1


TOKYOハンバーグProduce Vol,17
サンモールスタジオ提携公演


へたくそなたち

作・演出/大西弘記
新宿サンモールスタジオ
2014年11月9日~16日 全12ステージ


stage46773_1.jpg stage_reverse46773_1.jpg


『先生の家に手紙を送ること』

そんな宿題を教師が生徒たちに出した。すると目が点になっていたり、眉を八の字にしていたり、やる気に満ちていたり、やる気の欠片もなかったり。この学校に通う生徒たちは年齢層が幅広く、恵まれない生い立ちの、読み書きできない人たち。

『何日かかっても良いから、自分の字を書くこと』

次に教師がそう言うと、ある生徒が呟いた。

『ちゃんと届くかな・・・』

学べなかったことで取り返せない過去あり、生徒たちは自分の書いた字を郵便局の人が読めるかどうか心配でたまらない。

『丁寧に書けば、郵便屋さんはちゃんと届けてくれるよ』

そんな教師の言葉を信じる生徒たちは、学びはじめたことで取り戻せる未来もあったりする。

昼は職場で汗をかき、夜は教室で字を書き、人生においては恥をかき。
夕暮れ時、彼らは今日も屈託のない笑顔で夜間中学に通う。


1989年の弥生、教室の窓から見える夜の運動場
TOKYOハンバーグがふたたび織り成す、哀愁人情夜間中学校物語。



■チケット発売日
2014年10月1(水)

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] 二次会ドレス レンタル FX スタジオ撮影 シストレ初心者

■チケット料金
◆前売/3500円 当日/3800円
◆ハンバーグ割引(9日、10日、11日マチネ)
前売/3000円・当日/3300円 
◆学生割/2500円(高校生以下)※要証明書




■出演
松隈量
光藤依里
清水理沙
松井満梨江
風戸蒔
(以上TOKYOハンバーグ)

宇鉄菊三(tsumazuki no ishi)
小林英樹
松本洋一
佐藤友佳子(T1project)
藤牧静花 
宮村ともこ
羽鳥友子(演劇レーベルBö-tanz)
さわたりちひろ(さわたり組)
照屋実 


■スタッフ
音源/清見雄高
舞台監督・舞台美術/大河原敦
照明/吉嗣敬介
音響/香田泉
演出助手/柑咲まい
宣伝写真・舞台写真/アリセサクラ
宣伝美術/齋藤正和・りえぞう
宣伝PV・記録映像/齋藤正和
衣装/道清雅紀
WEB宣伝/H.M.Progres
制作/仲村幸紀(TOKYOハンバーグ)
制作協力/J-Stage Navi
カンパニースタッフ/石原友武
企画・製作/TOKYOハンバーグ


■協力
サンモールスタジオ
H&Bシアター
龍前正夫舞台照明研究所
tsumazuki no ishi
演劇レーベルBö-tanz
T1project
さわたり組
志事務所
アイリンク
宝井プロジェクト
オフィスKR
乳幼児教室ハッピールーム
宿 行政事務所


TOKYOハンバーグ公式サイト<br /><br /><div class=

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。