スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春。


5月の合同公演のチケットが発売開始となりました。
ホームページは、情報の変更があったりで発売日に更新出来ていませんが、演劇サイトこりっちのほうで情報公開をしたところ、発売開始日にご予約を頂きました。本当にありがとうございます。身の引き締まる思いです。

今日はちょっと、公演とは関係のないことを綴ります。

普段、俺が演劇と向き合っていない時、実は1~2歳になる子どもたちと向き合って日々を過ごしている。小さな彼らに『ひおきてぇんてぇい』とか『きおきちぇんちぇい』とか、正確に言うと『ひろき先生』と呼ばれている。

先日の3月31日で違う保育園に移ってしまう子どもが数名いた。
月齢が早い子は別れを認識しているのか、眉を八の字にして、遅い子はいつものように屈託のない笑顔で帰ってゆく、そんな一日だった。

独身で子育ての経験もない俺がいうのもなんだけど、子どもとは本当に可愛い。ビジュアルだけではなく、存在すべてが愛おしく尊い。そして手がかかる。金もかかる。色んなことに時間もかかる。家でパパさんママさんは本当に大変だろうなって、いつも思う。俺の立場は、まず保育園との利害関係があり、そこから子どもたちに段々と情が芽生える。

でも親は無償だ。それどころか養育費が出てゆく。認可の保育園に通わせていたとしても、それ以外のところでお金がかかる。幼い我が子をお金を出して他人に預けて育ててもらうということに対しても、どこか後ろ髪をひかれる、そんな気持ちがありながら職場で働く。終われば走って我が子を保育園に迎えにゆく。本当に大変以外ないと思う。

子どもの方は、愛を乞う。もちろん無償のだ。
ただただ、自分を生んでくれた親に愛を乞うだけ。

一年という歳月、親御さんたちが我が子を想う気持ちというのを沢山みた。そして感じた。
そして子どもたちの成長もみてきた。わからんちんだった彼らが、ある日、突然、『ひおきてぇんてぇい』とか『きおきちぇんちぇい』と呼んでくれる。正確に言うと『ひろき先生』と呼んでくれるわけだ。成長はほかにもある。オムツやズボンをはけるようになったり、玩具のおかたずけが出来たり、あいりがとうやごめんなさいの意味を知っていったり、屈託のない笑顔を見せてくれたり、なりふり構わない全力の泣き顔をみせてくれたり。まるで自分の方が、小さな彼らから育てられているような気がしてくる毎日だ。

だから、前年度となる3月31日は、本当に哀しかった。それが出会いだと言ってしまえば、素敵な出会いなんだと思う。だって、こんなにも、こんな気持ちにさせてくれるわけだからね。

でも、本当に哀しかった。

はんちゃん、あらちゃん、そして、りほちゃん。
昨日、4月1日の新しい保育園はどうだったかな?きっと慣れない環境に一日中泣いていたんじゃないかな?そんなことを考えながら繰り上がった組で、ひろき先生も一日を過ごしたよ。近所だし、また会えるよね?そんなことも考えながら。けれど君たちは若すぎて、久しぶりに会ったら、もう覚えてくれていないんじゃないかって(笑)

子どもを育てるというのは本当に大変なことだと思う。
保育の本質は子育ての手助けであると俺は思っている。



話を戻そう!だって、哀しくなってくるから(笑)
5月の合同公演、是非、観に来てください!

TOKYOハンバーグ+B.LET’S合同企画
ワーサルシアター提携公演

セーラー服とブルーシート

劇作/滝本祥生B.LET’S
演出/大西弘記(TOKYOハンバーグ
会場/ワーサルシアター
期間/2015年5月27日~6月1日

セーラー服とブルーシート_omo_小 chira_ura_小

良妻賢母を育成するモデル校に選ばれた女子校
そこに通う高校生たち
伸びやかに 豊かに
成長するはずだった彼女たちは
ある出来事をきっかけに
変化することを選ぶ
移りゆく世の中に
ただ自分を繋ぎとめようと


2015年の皐月
TOKYOハンバーグとB.LET'Sが織り成す初の合同公演

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] 買い物代行セール 通販人事アウトソーシング10gbファイル転送

■チケット料金
◆前売/3500円 当日/3800円 
◆割引(27日19:00と28日14:00、19:00の3ステージ)前売/3000円・当日/3300円 
◆学生割/2500円(高校生以下)※要証明書


■出演
永島広美(B.LET’S)
土田有希(B.LET’S)
清水理沙(TOKYOハンバーグ)
佐藤友佳子(T1project)
中村優里(lotstaffs)
松田千尋
瀬尾さよ子(BLUE HIPS)
石川俊浩
中村勇矢(SOLITUDE)
宇鉄菊三(tsumazuki no ishi)



■スタッフ
音源/清見雄高 舞台監督・舞台美術/大河原敦 照明/正傳静 音響/香田泉 演出助手/柑咲まい
宣伝写真・舞台写真/アリセサクラ 宣伝美術/齋藤正和・りえぞう 宣伝PV/齋藤正和 
WEB宣伝/H.M.Progres・B.LET’S 制作/仲村幸紀(TOKYOハンバーグ) 制作協力/J-Stage Navi
カンパニースタッフ/石原友武・光藤依里・松隈量・ 風戸蒔・松井満梨江 
企画・製作/TOKYOハンバーグ・B.LET’S

■協力
ワーサルシアター H&Bシアター T1project lotstaffs BLUE HIPS SOLITUDE tsumazuki no ishi
オフィスKR 乳幼児教室ハッピールーム かわさきFM デモクラTV 宿 行政事務所 

■協賛
(有)三慶第一ホール

■劇場
ワーサルシアター(京王線八幡山駅より徒歩1分) 
東京都杉並区上高井戸1-8-4Toyaビル.3 B1F 
03-6310-6683(劇場直通・5月25日~6月1日)
<八幡山駅には各駅停車・快速のみ停車>
→各停(約18分・新宿駅から約10分に1本)
→快速(約12分・新宿駅から約20分に1本)





ホームページなどでは、まだ公演詳細をアップしていませんが、今しばらくお待ち下さい。

TOKYOハンバーグ公式サイト<div class=

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。